サムスンが折り畳みスマホ新製品「Galaxy Z Fold3」を公開 前作より約4万円安く

サムスン電子が折り畳みスマホ(フォルダブルフォン)の新製品「Galaxy Z Fold3」(ギャラクシーZフォルド3)を公開した。価格は前作より(日本円換算で)約4万円安く20万円を切る。

これまで最高級モデルだったギャラクシーノートシリーズに適用されていたSペンや防水機能もサポートされる。価格も前モデルより安く設定された。サムスンは折り畳みスマホで先行している。
 
参考記事:サムスンのゲームモニター「オデッセイNeo G9」が欧米で好評 ミニLED搭載
 
サムスン電子は11日、オンラインイベントを開き、Galaxy Z Fold3を公開した。

サムスン電子のIM事業部長であるノ・テムン社長は「Galaxy Z Fold3とギャラクシーZフリップ3は、スマートフォンの新しい標準を提示する製品」であると述べた。
 

 
サムスン電子はGalaxy Z Fold3に自社のスマートフォンとして初めて「アンダーディスプレイカメラ(UDC)」の技術を適用した。

UDCは、カメラを画面の下に配置し、表面上はカメラが目立たないようにする技術である。カメラホールの上にも表示ピクセルがあり、画面全体にコンテンツを表示するなど、ユーザー没入度を最大化する。

メインディスプレイとカバーディスプレイには、120㎐リフレッシュレートを適用し、より滑らかでスムーズに画面を見ることができるようになった。

カメラは背面に1千200万画素の超広角・広角・望遠カメラ、カバーディスプレイに1000万画素カメラなど、400万画素のフロントカメラなど計5個のカメラが搭載された。

Galaxy Z Fold3はIPX8防水等級がサポートされる。 IPX8等級は水深1.5mで最大30分間耐えることができる。

ドイツ認証機関である「Bureau Veritas」から20万回折り畳む耐久テスト検証も受けた。

サムスン電子は、高級ブランドのトム・ブラウンと提携し、「ギャラクシーZフリップトム・ブラウン・エディション」も限定販売する。

Galaxy Z Fold3は今月27日に発売される。韓国、米国、欧州をはじめと全世界で順次発売される。

256GB内蔵メモリモデルはファントムブラック、ファントムグリーン、ファントムシルバーの3色で発売され、価格は199万8千700ウォンだ(約19万1300円)。前作のGalaxy Z Fold2(239万8千ウォン=約22万9千円)より約3.8万円安くなった。

512GB内蔵メモリモデルはファントムブラック、ファントムシルバーの2色があり、価格は209万7千700ウォンだ。

別途販売するSペンフォルドエディションとSペンプロの価格はそれぞれ5万5千ウォン、12万1千ウォンだ。

今回のオンラインイベントでは、縦に折り畳むタイプの「Galaxy Z Flip3」も公開されている。
 

 

参考記事:サムスン総帥が仮釈放へ 財界は歓迎も労組は反発「この国が財閥共和国であること証明」

参考記事:【解説】資金は12兆円、サムスンはどこを買収するか? ルネサスは?

参考記事:サムスンが「エクシノスW920」を発表 5nm適用のウェアラブル機器用プロセッサ