韓国ハンファ、英国の宇宙ネット企業「ワンウェブ」に330億円投資

韓国ハンファシステムが世界的な「宇宙インターネット」企業である英ワンウェブ(OneWeb)に3億ドル(約329億円)を投資する。

ハンファシステムは12日、ワンウェブと投資契約を締結し、英国政府やバルティグローナル(Bharti Global)、ユーテルサット(Eutelsat)、日本のソフトバンク(SoftBank)などと共に理事会に参加と述べた。
 
参考記事:韓国ハンファ、仏エネルギー企業を933億円で買収 風力発電事業を確保
 
ワンウェブの主力事業は、低軌道に数多くの衛星を浮かべ、全世界に高速インターネットを提供する「宇宙インターネット」である。ワンウェブは2019年に世界初の「宇宙インターネット」の衛星打ち上げに成功した。

これまで8回の打ち上げによって、地球の周りを回る低軌道衛星254機が運営されている。 8月19日にも衛星34機を追加で打ち上げ、来年には衛星648機を打ち上げ、グローバル宇宙インターネットサービスを本格的に開始する。ワンウェブは世界の衛星を担当するUN傘下の国際電気通信連合(ITU)を通じてグローバル周波数優先権も確保した状態だ。
 

ハンファシステムのロゴ
 
モルガン・スタンレーは、宇宙インターネットの市場規模が20年以内に最大5820億ドル(約64兆円)まで成長すると予想している。

ハンファシステムは、世界的な衛星・アンテナ技術をベースに、ワンウェブとシナジーを出すことができるものと期待している。ワンウェブの最大株主であるバーティ・グループの会長スニルバーティ・ミタル(Sunil Bharti Mittal)は、「ハンファシステムは、全世界を接続する私たち(ワンウェブ)の目標を達成するために、強力なパートナー(powerful partner)になるだろう」と歓迎した。
 
参考記事:韓国ハンファが人工衛星の核心部品を国産化へ 政府機関と共同で「保存性二元推進剤推進機」を開発

参考記事:韓国ハンファ、レーザー兵器を国産化へ…ドローンなど小型無人機撃墜に利用

参考記事:韓国ハンファ、167億円規模のグリーンボンド発行…米欧などでの太陽光事業拡大へ