韓国紙「開発は日本がし、お金は韓国が得る」 シャインマスカットの逆説で「日本政府の悩み深まる」

韓国のシャインマスカット輸出が日本の5倍に達しているが、元は日本で品種開発されたものであることから、「開発は日本がし、金儲けは韓国がする」との報道が韓国で出ている。

中央日報は15日、「開発は日本が、お金は韓国が得る…シャインマスカットの逆説」というタイトルのもと、韓国のシャインマスカットの輸出額は日本の5倍に達し、中国のシャインマスカットの栽培面積は日本の40倍を超えると報じた。日本経済新聞の同日報道を引用したものであり、中央日報は、「フルーツの品種を入念に開発しても、肝心の輸出は韓国に圧倒される事例が相次ぐ日本政府の悩みが深まっている」と報じた。
 
参考記事:韓国紙が分析「日本人はなぜ韓国人より貧しいのか…20年以上も給料が上がらない」
 
日本の農林水産省によると、2019年に日韓間のブドウの輸出規模が初めて逆転されて以来、その格差がさらに大きくなっている。今年1〜4月、韓国のブドウの輸出規模は約8億円で、昨年の同期間より1.5倍増加した。このうちシャインマスカットが90%を占めている。日本の輸出規模は1億4700万円で、7倍の差がある。
 

中央日報の当該記事キャプション
 
日本側はシャインマスカットを開発した後、韓国に品種登録しなかった。日本では品種登録後6年が経過するまで財産権の登録をしないと、ロイヤリティを受け取ることができない。このため、韓国から日本にロイヤリティを払わずにマスカットを栽培することができた。

日本政府は、シャインマスカットのようなブランドの品種を中心に農林水産物の輸出を2025年2兆円、2030年5兆円に増やすと言って目標を立てている。しかし、シャインマスカットのように日本産品種の海外流出が止まらず、他国での輸出が増えれば農林水産物の輸出目標達成は難しくなると日本経済新聞は指摘した。

このニュースをみた韓国のネットユーザーからは、

「これは一体何の自慢なのか?」
「本当に美味しいですよ。子供も一度味わってからはまた買ってくれとせがむけど高くてㅜㅜ」
「だったら韓国人にももっと安く売ってくれ」
「奪って奪われる時代」
「それでも韓国や他国のいくつかの技術奪って行った日本が言うな」

などのコメントが投稿されている。

韓国農食品輸出情報(KATI)によると、例えばカンボジアでは、韓国産シャインマスカットは日本産に比べ約21%安い価格(100g:4.58ドル)で販売されており、人気を得ているという。(今年7月末時点)

 
参考記事:中国で韓国ブランドの商標侵害が頻発 訴訟余力ない対象を狙い撃ち→利益要求

参考記事:サムスンとLG、米で複数の特許侵害提訴受ける…相手は欧州の「特許怪物」

参考記事:韓国産イチゴの輸出が今年急増、東南アジアで人気…大韓航空機を輸出専用でチャーター
 
(アイキャッチ画像:LOTTE ON)