中国官営紙「韓国ラーメンの発売中止命令は中国産ラーメンに好材料」

  • 2021年8月17日
  • 2022年11月21日
  • 通商

韓国食品大手「農心」(ノンシム)がヨーロッパに輸出した「ヘムルタン麺」などで1級発がん性物質が検出されたことを受け、中国の専門家は、中国産のラーメンにチャンスであると中国官営紙グローバルタイムズが15日報じた。

問題になったラーメンは、1月27日と3月3日に生産した製品で、1級発がん物質であるエチレンオキサイドが欧州連合の基準よりも148倍多かった。EUの食品飼料迅速警報システム(RASFF)は「ヘムルタン麵」および八道の「ラーポッキ」の販売を中止させ、全量回収を指示している。
 
参考記事:中国でも「韓国ラーメン販売中止」に関心高く 「失望した」「人気ブランドだったが否定認識広がる懸念」
 
中国の食品アナリストである朱丹蓬氏はグローバルタイムズとのインタビューで、「農心がヨーロッパで直撃弾を受けた」とし、「今回の問題の影響は、半年以上は及ぼさないだろうが、(その間に)中国のラーメンの輸出に役立つ好材料として作用し得る」との見通しを示した。

関連産業の分析プラットフォームによると、中国は昨年1月から11月までの17万4700トンラーメンを輸出しており、輸入量(7万1900トン)をはるかに超えていると、グローバルタイムズは伝えた。
 

欧州当局が販売中止措置をとった農心のヘムルタン麺と八道のラーポッキ
 
世界的に、人々が新型コロナウイルスの影響で家に留まり、隔離せざるをえない状況で、中国産ラーメンは人気を得ているとし、特にアフリカ、東南アジアで多く売れたと同メディアは伝えた。

朱丹蓬アナリストは、インタビューで、「農心の食品安全事故が中国市場への韓国ラーメン輸出にも否定的な影響を与える可能性がある」と強調した。

中国のSNSには「農心ラーメン発ガン物質の発見」というハッシュタグが去る14日から出回り始め、中国のネットユーザーらは農心のラーメンの安全性についての懸念を示したと、中国のECプラットフォーム農心担当代理人を引用して同メディアは伝えた。

しかし、代理人は「中国においてオンラインで売る農心ラーメンは、ヨーロッパに輸出されたものと異なる」とし、「中国の消費者は、大きな心配をする必要はない」と釈明したとグローバルタイムズは報じた。
 
参考記事:EUの韓国ラーメン禁止措置、韓国当局「国内品は問題なし」 ネット民「不可解だ」

参考記事:韓国紙「中国への恐怖から抜け出す必要がある」「断固とした姿勢が国格を立たせる」

参考記事:駐韓中国大使、韓国外交部の反論自粛要望を拒否 「立場を明らかにするのは当然のこと」