「タリバンが1兆ドル規模のレアアース掌握…中国が狙ってる」米CNBC

  • 2021年8月18日
  • 2022年11月21日
  • 通商

タリバンがアフガニスタンを占領した中で、アフガンに埋蔵されている少なくとも1兆ドル(約110兆円)規模の希土類の行方に関心が集まっている。

17日(現地時間)、米経済専門メディアCNBCは、アフガンを占領したタリバンが先端産業の核心原材料である希土類(レアアース)を大量に掌握したことになり、中国がこれを狙っていると報じた。
 
参考記事:韓国と豪州、レアアースや低炭素技術での協力を拡大へ・・・経済当局が協議
 
米資産運用会社アライアンス・バーンスタインの新興国負債担当者であるシャマル・リアカーンはCNBCとのインタビューで「タリバンがアフガンを占領した直後、中国が迅速にタリバンの政権を承認したことも希土類のような埋蔵資源が理由である可能性がある」と述べた。
 

(CNBCの当該報道キャプション)
 
現在、アフガンには昨年基準で最小1兆〜最大3兆ドル相当の希土類が埋蔵すると推定されている。希土類は、電子製品や電気自動車、衛星、航空機まで、ハイテク製品に必要とする資源だ。
 
先月28日に中国を訪問したタリバン幹部たち/中国外交部
 
現在、世界の希土類埋蔵量の35%ほどが中国に埋葬されているとされ、レアアース市場を主導しており、対米外交圧力にも使われるとの見方も出ている。中国が過去2018年に生産した希土類は12万トンで、全世界採掘量の70%に相当する。
 
参考記事:「韓国も日本などのようにレアアースの対中依存を下げる必要がある」韓国研究機関が提言

参考記事:韓国LGの電池系列社、豪州企業とニッケル・コバルトの長期購入契約 原材料確保で競争力強化

参考記事:タリバン兵士が韓国軍の軍服を多数着用している…外信など報道 その理由は?