韓国為替当局が口先介入 ウォン・ドルレートが7営業日ぶりに下落

  • 2021年8月18日
  • 2022年11月21日
  • 金融

ウォン・ドル為替レートが1,180ウォンまで上昇したが、外国為替当局の口頭介入により7営業日ぶりに下落に転換した。

18日、ソウル外国為替市場でウォン・ドル為替レートは、前取引日より8.3ウォン下げた1,168ウォンで取引を終えた。この日の為替レートは1.9ウォン上がった1,178.2ウォンで始まり、一時1179.7ウォンまで急騰した。しかし、外国為替当局が為替レートの上昇スピードに懸念を示した後、1,170ウォン以下に下落した。
 

image
 
この日、韓国企画財政部は、為替レートがオーバーシューティング(一時急騰)した傾向があると言及。オ・ジェオ企画財政部国際金融局外貨資金課課長は「最近のウォン安は外国人が国内株式を売り、本国に投資金を送金するためのドル買いが主な要因」とし、「外国人売りがいつまで続くのかは分からないが、オーバーシューティングが続くことについて警戒し見守るだろう」と述べた。為替当局が微調整に乗り出したとみて、市場が反応した形だ。

先にウォン・ドル為替レートは、6営業日連続で上昇していた。
 
参考記事:韓国中銀、米FRBとの通貨スワップ協定(600億ドル)を今年末まで延長

参考記事:米金利引き上げで韓国はジレンマに? 「資金流出か、家計利子負担増か」韓国研究機関

参考記事:韓国の4~6月外為取引額、過去最大の前期比より5.1%減り6.4兆円規模に