日韓大学生交流事業が開催 両国外務省が共同主催で今年50周年

韓国外交部は日本外務省と共同で21日から来月18日までにオンラインで韓日・日韓大学生交流事業を共同主催すると19日に明らかにした。

同事業は日韓の大学生間の友好増進のために、両国外交部の次元で1972年から施行されており、今年50周年を迎えた。韓国国際交流財団と日韓文化交流基金が共同主管する。
 

2018年の日韓交流おまつりの様子/日韓交流おまつり公式ページ
 
今年のテーマは「ポストコロナトレンド予測と望ましい韓日協力方案の模索」であり、両国の大学生は、毎週土曜日にオンラインで会い望ましい韓日協力案について討議する。

依然は両国の大学生代表団が相手国を訪問する形で行われたが、昨年からは新型コロナウイルス感染症拡散により非対面で行われている。

今回のイベントは、来月開催される両国間の文化交流イベントである韓日祝祭ハンマダン(日韓交流おまつり)と連携して開催される。
 
参考記事:日韓共通の悩み、少子高齢化や地方消滅について両国公務員らが議論へ(第22回日韓地域政策研究会)

参考記事:韓国紙「日本の経済衰退は将来の韓国の姿」「むしろ日本より深刻」

参考記事:韓国の経団連が駐韓日本大使招き懇親会…ビジネストラックなど議論