LG化学がクリーン素材に2,400億円投資 PBATやPOEなど工場10カ所を順次設立

LG化学が「朽ちるプラスチック」をはじめ、石油化学分野で環境クリーン素材事業に大規模な国内投資を行う。

LG化学は2028年までに2兆6000億ウォン(約2400億円)を投資して忠南大山工場に生分解性高分子プラスチックPBAT、太陽光フィルム用POEなど総10カ所の工場を新設すると19日明らかにした。
 
参考記事:米政府、韓国LG化学製「アセトン」への反ダンピング関税を確定 控訴を棄却
 
今年、PBATとPOE工場2カ所を着工し、バイオ原料の生産と環境にやさしい素材、廃プラスチックのリサイクルなどを担当する残りの8つの工場も順次設立し、大山工場をESGベースのビジネスメッカとして育成する方針だ。

今年着工されるPBAT工場は年産5万t、POE工場は年産10万t規模で総4千800億ウォン(約450億円)が投入され、2024年の商業生産を目指す。

同社は、2つの工場新設により年間約4千700億ウォン(約441億円)以上の売上が増加すると予想した。

「朽ちるプラスチック」と呼ばれるPBATは廃プラスチックの環境問題の代替として浮上しており、高付加合成樹脂POEは絶縁性と水分遮断性が高く、発電効率に優れ、太陽光パネル用フィルムで需要が増加している。

業界によると、PBATとPOEは、2025年まで年平均30%レベルの高成長を続けるものと予想される。

LG化学は、大山に既に年産28万t規模のPOE工場を保有しており、今回の増設が完了すれば、POE生産能力が38万tに増え、世界2位の規模に達する。

LG化学は、円滑な投資のために、この日、忠清南道瑞山市と投資協約を締結した。

今回の協約でLG化学は、既存mp大山工場敷地外に79万㎡(約24万坪)の新規敷地を追加で確保した。 LG化学は、この敷地を新規工場の設立と環境にやさしい素材・工程分野への投資を活用することにした。

LG化学は、今回の投資で約400人の直接雇用創出効果が期待され、地域経済の活性化にも積極的に貢献すると発表した。

ヤン・スンジョ忠清南道知事は「LG化学がより大きく成長して発展して進み、企業と地域が一緒に共存することができるように、企業に良い政策を積極的に展開したい」と述べた。

シン・ハクチョルLG化学副会長は、「今回の投資協約は、持続可能な成長戦略の一環であり、環境にやさしい素材のビジネスの本格化を知らせる信号弾」とし「忠清南道、瑞山市と同伴の関係をさらに堅固にすることはもちろん、協力レベルを一段階高め、持続可能な未来に向かって一緒に成長していくだろう」と述べた。
 
参考記事:韓国LG化学、世界化学企業ランクで7位に浮上…日本の三菱ケミカルを抜く

参考記事:東レと韓国LG化学、電池分離膜を合弁生産か…EV普及で急成長分野 韓国紙報じる

参考記事:LG化学がCNT(カーボナノチューブ)生産能力を拡張 国内外の電池メーカーに供給