GMのボルトEVが更にリコール 韓国LGに賠償請求へ 総費用は約2千億円

米国の自動車会社ゼネラル・モーターズ(GM)が20日(現地時間)、10億ドル(1100億円)をかけて電気自動車「シボレー・ボルトEV」7万3千台を追加リコールすると発表した。

GMはバッテリーメーカーである韓国LGエナジーソリューション(LGES)からリコール費用の賠償約束を引き出す方針であるとロイター通信が伝えた。
 
参考記事:GMのボルトEV、韓国LG製のバッテリーモジュールを交換へ…リコール後も火災で
 
今回の追加リコール対象は、米国とカナダで販売され2019~2022年型モデルである。

先にGMは、全世界でボルトEV6万9千台(米国内5万1千台を含む)を対象にリコールを行った。 LGエナジーソリューションのバッテリーを搭載したボルトEVで発生した2件の自動車火災がリコール決定の背景になった。
 

写真:ボルトEVの火災事故を報じた米エレクトリック紙記事(7/8)キャプション
 
追加リコール対象まで含めて、GMがリコール対象のボルトEVのバッテリモジュールを交換するために要る総費用は18億ドル(約1970億円)に達するとCNBC放送が報じた。

GMはバッテリーの欠陥の原因を是正するため、LGのエナジーソリューションと協力していると説明した。

ドク・パークスGMグローバル製品開発担当副社長は「消費者のための適切な仕事と安全に焦点を合わせ、すべての決定を下した」とし、「GMの顧客は、この車両の安全を確保するための措置をするという我々のコミットメントを確信してもいい」と述べた。
 
参考記事:韓国LGが312億円のリコール費計上 電池供給先の米GMのEV火災で… すでに現代車案件で929億円負担

参考記事:欧州で発売中止、韓国メーカーが謝罪 「申し訳ない…欧州でリコール手続き進めている」韓国紙

参考記事:韓国LGの電池系列社、豪州企業とニッケル・コバルトの長期購入契約 原材料確保で競争力強化