新型キムチ冷蔵庫「ディムチェ」発売 独自熟成アルゴリズムを搭載

  • 2021年8月26日
  • 2022年11月21日
  • テック

韓国のキムチ冷蔵庫メーカー「ウィニアディムチェ」(WINIADIMCHAE)は、固有の発酵技術より免疫力を高めてるキムチ熟成アルゴリズムを開発・搭載した2022年型キムチ冷蔵庫「ディムチェ」の新製品を発売したと26日、明らかにした。
 
参考記事:米加州が「キムチの日」を制定 「韓国と志を同じくし…中国起源説を正す」「韓国がキムチ宗主国」
 
今回の製品は、ウィニアディムチェだけの独自技術である「±0.1℃超精密定温技術」がさらに向上したという。特に貯蔵庫自体を直接冷却する方式のオリジナル地中冷却塔の冷却システムなど、同社固有の技術で完成された10大キムチ専門熟成モードが搭載された。また、初期保管したキムチに比べ熟成キムチの抗酸化能を2倍以上向上させることができる新しい熟成アルゴリズムも適用した。
 

画像:ディムチェ公式YouTube動画キャプション
 
今回の新製品は、キムチ冷蔵庫本来の機能に加えて、韓国では唯一、赤ワイン、白ワイン、スパークリングワインを種類別に選択保管することができる。これと共にビールや焼酎まで専門的に保管できる「ボルドースペシャル」ルームを搭載した4ドア5室のフラッグシップモデルも発売した。

最近の食文化のトレンドである「家飲み・食べ」を反映して、マッコリや果物漬けなども作って保管が可能でありサラダのカスタム保存、肉のコクを生かす氷温熟成モードなど、食材別に適切な温度を適用するスマート機能も搭載した。
 

画像:ウィニアティムチェ提供
 
同製品は、韓国の伝統陶磁器である青磁白磁の美しさに着眼した固有の色と、伝統織物である麻布のテクスチャを生かしたデザインで、エレガントで洗練された韓国的な美を披露した。

ユーザーファーストの便利な機能適用された。キムチを取り出さなくても中身を確認できる透明容器を使用し、内部をきれいに保つことができるよう強力な脱臭フィルターを装着した。他にもドアポケットが適用された400リットル級3ドアモデル発売により、スペースを節約しながら、使いやすさを大幅に向上させた。

キム・ホクピョ同社代表は、「今回の新製品は、キムチ冷蔵庫本来の機能に、白磁、青磁など韓国固有のデザインを施し、オリジナルディムチェのユニークさを強調し、キムチ冷蔵庫ナンバー1のブランドとしての価値はさらに向上させるだろう」と述べた。
 
参考記事:韓国のキムチ輸入がさらに減少 中国「裸漬けキムチ」余波続く 起源論争など「場外戦」も

参考記事:韓国消防当局、キムチ冷蔵庫の危険性を啓蒙…リコール知らない人多く火災相次ぐ

参考記事:中国産キムチの偽装など、韓国で原産地違反業者1771カ所を摘発…335カ所は刑事立件へ