サムスンSDIがLG化学の時価総額抜き、韓国バッテリー社1位に躍り出る

  • 2021年8月31日
  • 2022年11月21日
  • 産業

サムスンSDIが韓国のバッテリーメーカーで時価総額1位に躍り出た。2%台の上昇でリコールに喘ぐLG化学を超えた。
 
参考記事:韓国LG化学の株価が暴落 米GMからの賠償報道受け…EV火災関連
 
31日終値でサムスンSDIの株価は前取引日比2.88%上昇となる78万5000ウォンで取引されている。現在の基準時価総額は53兆9114億ウォン(約5兆1300億円)だ。

一方、LG化学は、前取引日比1.95%下落となる75万5000ウォンで取引されている。現在の基準時価総額は53兆2972億ウォン(約5兆5百億円)でサムスンSDIより低くなった。両社は、韓国上場企業の中で時価総額順位6、7位を占めている。

サムスンSDIは第2四半期(4~6月)予想より良い結果を記録し、下半期の好実績が見込まれている。サムスンSDIの第2四半期の売上高は昨年比30.3%増の3兆3343億ウォン、営業利益は184.4%増の2952億ウォンをそれぞれ記録した。
 
参考記事:韓国化学大手、負極材コーティングのピッチを量産へ 二次電池普及で需要増

参考記事:「韓国LGのEV電池に製造欠陥」 米GMの報告書で判明 株価12%超下落

参考記事:カカオバンクの時価総額が4兆円台に突入 韓国8位の会社に 外国人なども買い越し