住友化学が韓国で半導体素材生産拡大 韓国紙「脱日本の動きに驚いた」「サンキュー輸出規制」

住友化学は1日、100億円以上を投じ韓国で半導体素材であるフォトレジストを直接生産することが分かった。日本政府が2019年に半導体素材の対韓国輸出を規制した後の、関連する日本企業の韓国投資としては最大規模になる見通しだ。
 
参考記事:韓国が半導体用銅メッキ液を国産化 「日本への逆輸出も可能」
 
住友化学は、サムスン電子とSKハイニクスなど韓国の半導体大手のフォトレジストを安定的に供給するために、100億円以上をかけて韓国に新工場を建設すると、1日に発表した。今月着工し2024年から生産を開始する計画である。

韓国の新工場では、フッ化アルゴン(ArF)フォトレジストを生産する計画である。フッ化アルゴンフォトレジストは、半導体ウェハ(基板)の回路を微細に描画するときに使用される先端素材だ。住友化学は、これまで大阪工場でのみフッ化アルゴンフォトレジストを生産してきた。

韓国の新工場建設により、2024年の住友化学のフッ化アルゴンフォトレジストの生産能力は、2019年の2.5倍になる見通しだ。住友化学は、フォトレジストの市場で世界4位を占める。

住友化学が海外で初めて同フォトレジストを直接生産することに決めたのは、韓国の半導体大手企業が分散生産を依頼したからだと日本経済新聞は伝えた。韓国企業はフッ化アルゴンフォトレジストの90%を輸入に依存している。 5世代移動通信(5G)のスマートフォンの普及や、データセンターの需要が増え、フッ化アルゴンフォトレジスト市場は毎年10%以上成長すると期待される。

EUV用フォトレジストは日本の輸出規制対象品目だが、フッ化アルゴンフォトレジストは対象ではない。住友は韓国に原料を持ち込み調合して出荷すると日経は伝えた。

韓国経済新聞は1日、「サンキュー輸出規制」という見出しのもと、「韓国企業が予想よりも早く、半導体素材の国産化に乗り出したことも住友化学が韓国に大規模な投資を決定した背景として観測される」と指摘した上で、「韓国企業の《脱日本》の動きに驚いた他の日本企業も韓国の投資を増やしている」と伝えた。

住友と同じくフォトレジストの生産メーカーであるTOK(東京応化工業)は数十億円を追加投資して、仁川松島工場の生産能力を2018年より2倍に増やした。韓国企業では、SKマテリアルズが400億ウォンを投じて2022年から5万ガロン規模のフッ化アルゴンフォトレジストの量産を目標に事業を進めている。また、米デュポンがEUV用フォトレジストの生産工場を持つことで韓国政府と合意している。
 
参考記事:韓国経済紙「日本の中小企業は超一流」「文政権は国産化を自画自賛するな」

参考記事:韓国経済紙が文政権の国産化政策に疑問「9千億かけて1千億の効果」「日本企業なしに生産不可」

参考記事:韓国が日本依存の「半導体超純水」国産化のため産官学連携 1.8兆円市場を狙い海外進出も