韓国次期大統領 与党の李在明氏がトップ、尹錫悦氏が追う 野党の洪準杓氏が急浮上

  • 2021年9月2日
  • 2022年11月21日
  • 政治

与野党の有力大統領候補であるイ・ジェミョン(李在明)京畿道知事とユン・ソギョル(尹錫悦)前検事総長の支持率が小幅下落したなか、野党の一方、国民の力ホン・ジュンピョ(洪準杓)議員が支持率二桁台に浮上した。
 
参考記事:韓国次期大統領選、李知事VS尹前検事総長の2強構図に 知日派の李元総理は失速
 
エムブレインパブリック・ケイステータスリサーチ・コリアリサーチ・韓国リサーチが先月30日から今月1日までの3日間、全国の18歳以上の1千12人に調査した結果、大統領候補支持率において、イ知事は25%、ユン元総長は19 %だった。

両社とも1週間前の調査と比較して1%ポイント下がった。

一方、ホン議員は3%ポイント上昇し10%となった。

与党のイ・ナギョン(李洛淵)前代表は、1%ポイント上昇で10%となり、ホン議員と同率となった。

イ知事とユン元総長の仮想両者対決では、イ知事が42%の支持を得てユン元総長(35%)を抜いた。ユン元総長は、イ前代表との仮想対決でも38%対35%で劣勢だった。

候補を支持するかどうかにかかわらず、来年の大統領選挙で誰が当選するという質問に対する答えは、イ知事33%、ユン元総長24%、イ前代表7%、ホン議員5%などの順だった。

今回の4つの機関合同の全国指標調査(NBS)の標本誤差は95%信頼水準で±3.1%ポイントだった。
 
参考記事:米政府、駐日本大使と駐中国大使を指名 駐韓国大使は未定

参考記事:韓国紙「与党の言論規制法に世界が懸念」「外国メディアにはペコペコ」

参考記事:BBC「韓国はワクチン接種率が最下位に」「文政権は専門家の意見を無視」