韓国当局が中国産糖漬けに販売中止処分 「直ちに接種を止めて返品を」

韓国の衛生当局である食品医薬品安全処(食薬処)は、ソウル市の輸入食品販売会社「アルパインリサーチ」が販売した中国産の糖漬け(ドライフルーツ)製品について、販売中止および回収措置をとったと3日に明らかにした。
 
参考記事:韓国農家の鶏卵から有害成分が検出 「2万4千個がすでに首都圏に流通」地元紙
 
食薬処は当該製品からセンノシド(sennoside)が検出されたと説明した。回収対象は賞味期限が「2023年4月19日」に表示された製品であると伝えた。

製品名は「フロムアンスプラム」(FROMANS PLUM -dried plum)で当該輸入量は3,674KGとされる。製造は中国のHUIZHOU TONGFUKANG BIOTECHNOLOGY。
 

画像:リコールされた当該製品/食薬処
 
センノシドは、医薬品としてのみ使用するように規制された成分だが、食品原料としては使うことは禁止されている。主に下剤として使われ、当該物質を乱用すると下痢や腹痛、嘔吐などの副作用が起こることがある。

食薬処の関係者は、「同製品を購入した消費者は直ちに接種を止めて販売店に返品してほしい」とし「食品関連の不法行為を目撃した場合、不良食品申告電話に申告してほしい」と述べた。
 
参考記事:韓国当局が国産ぶどう新品種《ステラ》を市場投入へ 「シャインマスカットに近い糖度」

参考記事:韓国ラーメンがベトナム(世界第5位市場)でもピンチ? 発癌騒動でブランド失墜・新法案懸念

参考記事:韓国でタワークレーン59台がリコール 中国ズームライアン製
 
(アイキャッチ画像:フロムアンスプラム公式サイト)