韓国市民団体、歴史論争に韓流ファン1億人を「動員」へ 「日本の歪曲が世界中に拡散」

韓国のサイバー外交使節団「バンク」(VANK)は6日、世界の韓流ファン1億人を活用して韓国の歴史と文化を教えていく「歴史の中の韓流」キャンペーンを展開すると明らかにした。
 
参考記事:在韓ドイツ人「日本は歴史教育が不足してる」「アジア諸国解放…妄想がひどい」
 
バンクはこれまで、様々な国際広報活動を行っており、先月は松下村塾をユネスコに告発した。松下村塾を開塾した吉田松陰の思想が「征韓論」のルーツになったという理由からだ。

バンクはキャンペーン用のポスター5枚を製作し、SNSで世界の人々に配布する。

ポスターでは、亀甲船やキムチ、韓服、タルチュム(朝鮮半島の伝統的踊り)などを紹介する。
 

画像:亀甲船をあしらったキャンペーン広告/VANK
 
キャンペーン参加者は、インスタグラム、フェイスブックでこのポスターを共有し、ハッシュタグをつけ、自分が世界に知らせたい韓国の歴史や文化遺産(#○○○)を選定し、その理由を書くことを推奨している。

バンクの今回のキャンペーンは、2021年現在、世界の韓流ファンが1億人以上いるが、外国人の韓国への関心は、韓国の大衆文化に集中しており、韓流で高まった韓国への世界の関心を歴史と文化を引き付けたいという考えから発案された。

パク・キテ=バンク団長は「中国と日本による歴史文化歪曲が世界中の教科書、百科事典、観光パンフレット、博物館、美術館に拡散している」とし、「今回のキャンペーンに多くの韓流ファンたちが参加し、韓国の歴史を世界に正しく伝えたい」と述べた。
 
参考記事:韓国市民団体、ユネスコに松下村塾を告発 「吉田松陰と弟子のせいで戦争犯罪が起きた」

参考記事:韓国市民団体、米教材に抗議 「朝鮮半島は日中の文化が支配的」「百済は日本の歴史の一つ」など修正要請

参考記事:ベトナム戦争時の韓国軍の民間人虐殺を扱った演劇、ソウルで上演へ…裁判形式で観客が陪審員に