米前大使「韓国のSLBM成功は驚くべき成果」 「搭載する核は無いがな」ネット民

ハリー・ハリス前駐韓米国大使が、韓国軍が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の水中試験発射に成功したことについて「驚くべき成果」であるとし、「韓国は米国のより強力な同盟国になるだろう」とした。

自由アジア放送(RFA)の7日(現地時間)の報道によると、ハリス前大使は「すべての国は自らを守る権利がある」と述べた。続けて、「韓国海軍のこの驚くべき成果を祝いたい」とし、「これを通じて韓国は、より強力で力ある米国の同盟パートナー(alliance partner)になるだろう」とした。
 
参考記事:「韓国がSLBM発射実験に成功 世界8番目の保有国に」…韓国紙報じる
 
エヴァンス・リビア前米国務省東アジア太平洋担当シニア副次官補もRFAに対し「韓国の潜水艦発射弾ミサイル能力開発は、北朝鮮の脅威から韓国を守る能力において重要な進展」であると述べた。

米国ランド研究所のブルース・ベネット先任研究員は「韓国軍が弾道ミサイルと潜水艦に関する複雑で技術的な問題を解き、今回、潜水艦に搭載された弾道ミサイルを水中発射したという点で注目に値する」とした。

一方、米国防総省はRFAへの具体的なコメントを避けた。

韓国軍は8日、同国初の3000t級潜水艦である「鳥山安昌浩」艦からSLBMの水中射出試験に成功し、最終段階の飛行試験のみ残していることが分かった。これにより韓国は、米国と中国、ロシア、フランス、英国、インド、北朝鮮に次いで世界で8番目にSLBMの開発に成功した国となった。
 

画像:鳥山安昌浩艦/韓国海軍
 
韓国のSLBM発射成功について韓国のネットユーザーからは、

「原子力潜水艦も核爆弾も作らないと。我々の周囲は敵だらけだから…」

「文在寅閣下のおかげである。万々歳!」

「韓国のSLBM発射にはなぜこんなに静かなんだ。北のSLBM発射のときは保守派が死ぬほど騒いだのに」

「SLBM成功しても搭載するもの(核)は無いがな…」

「この程度の技術は日本もドイツも持ってそうだけどな。公開しないだけで…」

などのコメントがネット掲示板に投稿されている。
 
参考記事:韓国軍事記者「自衛隊能力は韓国軍の3~4倍上回る」 予算並べど「行くほどに差が広がる」

参考記事:韓国軍、AIやロボットなどによる無人戦闘導入のため組織改編 「戦争遂行の方法が変化する」

参考記事:米国営放送「韓国を情報同盟に入れると秘密漏れる」「神経を使わない国と共有できるか」