ベトナム戦虐殺事件の裁判、当時韓国軍人が証人喚問へ 70余人の村民虐殺めぐり 

韓国で開かれているベトナム戦争当時の民間人虐殺被害者による裁判において、当時参戦した元韓国軍人が証人として出席することが分かった。

ソウル中央地裁は、14日に開かれた民間人虐殺の被害者であるグエン・ティ・タン氏の国家賠償訴訟の3回目裁判において、ベトナム戦争に派兵された韓国青龍部隊1大隊第1中隊に所属する軍人であった類R氏を証人として採択する明らかにした。グエン氏側の証人申請を受け入れ措置だ。
 
参考記事:韓国紙「日本への謝罪要求する前にベトナムに謝罪を」「国軍は残酷に殺害した」
 
ハンギョレ新聞によると、「当時派兵された韓国軍人がベトナム戦争民間人虐殺関連の法廷に出てくるのは初めて」だという。

先立って、グエン氏は、2018年4月に開かれた「ベトナム戦争当時、韓国軍による民間人虐殺の真相究明のための市民の平和法廷」において、匿名で映像を通じて「フォンニィ・フォンニャット事件」の具体的な状況を明らかにしていた。同事件はは1968年2月に韓国軍青龍部隊がベトナムのフォンニィ村の住民70人余りを殺害した事件であり、当時8歳だったグエン氏は青龍部隊1大隊第1中隊の兵士たちが撃った銃により左脇腹に重傷を負った。これまで後遺症に苦しんきたという。同事件でグエン氏の家族5人が命を失った。
 

image
 
グエン氏は、7月に勧告国会で開かれた「ベトナム戦争当時の大韓民国軍による民間人の被害事件調査に関する特別法」制定のための懇談会において、顔と名前を公開した。「身を隠せなかった女性や高齢者を全員田んぼに集め、そのときに現場で射殺した民間人もいた」と明らかにしていた。

ハンギョレによると、グエン氏側は「ハンギョレ21」の記者らも証人要請をしたという。同紙は、韓国政府側はR氏の証人申請は拒否しなかったが、記者などの証人申請には否定的な反応を見せたとし、早ければ11月16日に開かれる裁判でR氏の証人尋問が行われる予定であると伝えた。
 
参考記事:現代自動車、ベトナム市場で販売首位 2位トヨタを上回る

参考記事:ベトナム戦争時の韓国軍の民間人虐殺を扱った演劇、ソウルで上演へ…裁判形式で観客が陪審員に

参考記事:韓国ラーメンがベトナム(世界第5位市場)でもピンチ? 発癌騒動でブランド失墜・新法案懸念