韓国宗教家「日本という勝てない敵が永遠に隣にいる」「マナー一つ守れない韓国人を甘く見る」

韓国の宗教家が、日本社会の統制の取れた動きに、これに感嘆しつつ韓国には脅威であるとの見方を示している。
 
参考記事:日本人卑下するステッカー貼った韓国車にネットで賛否 不買運動を強調か
 
韓国メディア「ジ・アジアN」は1日、韓国の有力宗教である「円仏教」のキム・ドククォン円仏教文人協会会長の寄稿文『近くとも遠い国日本を考える』を掲載した。

キム会長は、若いころに日本をよく行き来したとし、「日本に行くたびに、日本の人々の生活態度に感動するしかなかった」と述べた。

その上で、「考えてみると、本当に嫌で醜い国としてのみ認識していた」が、「しかし行くたびに、一つ厄介な感情、怖さが加わった」と述べ、「我々が永遠に敵になる必要はないが、勝つことができない国が仇敵として残っているのは国家的災害ではないかという考えだ」と吐露した。

キム会長は、例として、公道にタバコの吸い殻1本観ることがなく、公園の落ち葉が綺麗に掃除され、人々が嚙み終わったガムを紙に包んで捨てることや、日本人たちが道を歩くときも、人の邪魔にならないか気にしていることを挙げた。
 

image
 
また、登校時に横断歩道を渡る田舎の小学校の子供たちの姿や、高学年の生徒が横断歩道の両側で旗を挙げて車を停める姿、そのあとに車に向かってお辞儀をする姿、整然と並んで道を渡る姿などを挙げ、「車の大人も笑顔でお辞儀をする。人間の価値を最大化する美しい市民の精神ではないか?」と評価した。

また、キム会長が日光の東照宮を訪れた際、最も高価なお土産を買ったものの、それを山頂に置き忘れ、気づいた時には長時間が過ぎており、半ば諦めながら山頂に戻ったところ、「お土産は、そのまま、その場で私を歓迎してくれた」という。

これらの経験から、キム会長は、「我々はこのように勝てない敵の隣に永遠にいながら、どうして足を伸ばしてゆっくり眠れるのかと思い、恐ろしい気持ちに襲われた」という。

続けて、「私たちが社会的なマナー一つまともに守れない限り、日本は私たちを甘く見て、反省どころか益々意気揚揚となり、悪い侵略根性を捨てないだろう」とし、「基本を守り、力を育ててこそ、克日はもちろん、勝日の道を行くことができるのではないか」と述べている。
 
参考記事:韓国紙「ミカンは日本との《品種戦争》に過去敗北した」「リンゴや梨も権利主張される恐れ」

参考記事:韓国系米紙「日本は国運が尽きた残念な国」「一つの井戸を掘るだけの垂直思考」

参考記事:韓国紙「日本は金融危機時の眼差しで韓国を見ている」「サムスンの《資金難》を日本人は信じた」