韓国紙「注文したパンからハサミムシ」「店側は客を通報も…」

  • 2021年11月19日
  • 2021年11月19日
  • 産業

韓国にあるファーストフードチェーン店舗のハンバーガーから大きな虫が出たことが確認され、是正命令処分が下されるという。
 
参考記事:韓国紙「フライドチキン食べた小学生、ネジが歯茎に刺さり流血」「店舗側は1万円の慰労金」
 
聯合ニュースによると、京畿道水原市に住む20代の女性Aさんは、今月初めに家の近くの某ハンバーガーチェーン店にハンバーガーを配達してもらい食べたところ、長さ2.5cmのハサミムシを発見した。

彼女はハンバーガーを4分の3程度食べた状態で、ハンバーガーの中のトマトを抜いて見てみると、ハサミムシが蠢いていたという。

店側に抗議したところ、店側はこれを認めず、彼女を悪質消費者として当局に通報したという。しかし当局から該当事件を配分された水原市クォンソン区庁は通報後十日ほど経った去る15日にハンバーガーで虫が出たことを認める確認書を作成、関連部署に共有したと聯合は伝えた。

クォンソン区庁は食薬処に該当事実を報告し、ハンバーガーチェーン店側に関連事実を通知し、2週間の事前意見提出期間を与えた後、特別な異議がなければ12月初め是正命令に入るという方針だという。

ハサミムシはトイレやキッチン下水口にいることが多く、腐った物質を食べることが分かった。
 

画像:Aさんが通報した証拠画像/聯合ニュースTVキャプション
 
聯合は「だが今回議論になったチェーン店は普段、衛生等級優秀店舗に選ばれ、食薬処(衛生当局)の現場調査でも衛生規定違反事項は発見されなかった」と伝えている。

一方でAさんが虫を食べそうになったトラウマでハンバーガーを食べられなくなった状態であることも聯合は伝えた。ハサミムシについては今も証拠として冷蔵庫に保管しているとのこと。

ハンバーガー会社側は専門機関に依頼して事実調査をしており、関連機関から是正命令が下された場合はこれを検討して対応すると聯合に答えている。

 
この報道をみた韓国のネットユーザーからは、

「100回謝罪しても足りないのに悪質消費者とは…どこの店だ?」
「しかしハンバーガー食べるときにパンを開く人っているの?…」

「最近やらせが多いので中立に立ちたい」

「ファーストフード店で働いたことある奴なら分かると思うが…悪質な客いるよ…」

「このような大きな虫に気づかずにハンバーガーを作ったことの方が不思議だ」

「衛生等級といっても大雑把な検査だからなあ…」

などのコメントがネット掲示板に投稿されている。
 
参考記事:韓国の腸詰工場の告発映像に波紋…虫、雨漏り、床直置き、注射針 →販売中止・行政処分へ 

参考記事:韓国当局「虚偽年式登録のタワークレーン188機を摘発」「建設現場の大きな脅威に」

参考記事:韓国紙「ポッキーと似たペペロ、日本が先に作るも記念日は韓国が先」「米司法は韓国に軍配」