米調査「韓国のみ《物質的幸福》が1位に…人生で最も価値あるもの」「日本など他国は《家族》が1位」

  • 2021年11月22日
  • 2021年11月22日
  • マクロ

全世界17の先進国を対象に、「人生で最も価値があると思うものが何か」を調べた結果、韓国だけが唯一「物質的幸福(material well-being)」を1位に挙げたことが分かった。ほとんどの国は「家族(Family)」を1位に挙げるが、韓国で「家族」は3位に留まった。
 
参考記事:韓国経済紙「日本は30年も物価上がらず…相対的貧困に」「高級マグロは中国に奪われ、昼飯代は米国の半分以下」
 
米国世論調査機関フューリサーチセンターは今年二度にわたって全世界17カ国の成人1万8850人を対象に実施した電話・オンラインアンケート調査の結果を18日(現地時間)公開した。米国・英国・フランス・ドイツ・日本などを対象とした今回の調査で、フューリーサーチは「あなたが人生で最も価値があると思うのは何か」と尋ねた。回答は主観式で返答を受け、その後に「物質的幸せ」「健康」「家族」など19種類に分類された。
 

各国の価値観ランキング/フューリサーチセンター
 
韓国人は「物質的幸せ」を人生の幸せの1位(19%)に挙げた。続いて健康(17%)、家族(16%)、一般満足感(12%)、社会・自由(それぞれ5%)の順だった。ほとんどの国でも「物質的幸せ」は5位以内だったが、1位となったのは韓国が唯一だった。 17カ国のうち絶対多数である14カ国で「家族」が1位を占めたのとは対照的だった。

アンケートに参加した韓国人1006人のうち62%が1つの回答だけを答えたのも他の国と対比される。各国の対象者のうちの1つの回答だけを提示した回答者は34%だったが、韓国はそのほぼ2倍の水準で1位を占めた。他の国の国民は人生の価値を考える際に様々な要因を考慮した一方、韓国人は単一のものを幸せと解釈する形となった。

この傾向は実は日本人にも強く、日本人の58%も1つの回答のみを提示したことが本アンケートで分かっている。これは韓国人に次いで2番目に高い割合だ。日本人の1位は「家族」であり「物質的幸せ」がこれに続いた。
 

単一回答の多かった国ランキング/ヒューリサーチセンター
 
今回のフューリーサーチ調査によると、全世界の17カ国の先進国国民が人生で最も価値があると考えているのは、家族(38%)、職業(25%)、物質的幸福(19%)の順で現れた。家族を最優先順位に挙げなかった3カ国は韓国・台湾(3位)、スペイン(4位)などだった。台湾の場合は「社会(38%)」が1位となり「物質的幸福(19%)」「家族(15%)」がこれに続いた。スペインは「健康(48%)」が1位であり、「物質的幸福(42%)」「職業(40%)」がこれに続いた。

また、東アジア圏では、友人や地域社会など共同体を生活の重要価値として評価しないことが示された。米国・英国では「友達など共同体」が人生の重要価値2位に上がったが、日本・台湾(7位)、韓国(8位)など東アジア諸国では回答者10人のうち1人以下だけが友人や共同体を挙げた。

 
この報道をみた韓国のネットユーザーからは、

「たしかに我が国の人間は金に全神経を使う…」

「韓国は先進国ではないよ…」

「共同体を強調してきたけど実は全然だったという…」

「…金さあれば韓国は住みやすい国だ」

「これがまさに自殺率と低出産1位の背景かも」

「韓国人はまだハングリーなんだ。経済発展の原動力ではあるが、今後はもう少し考える必要がありそうだ」

「これはすべて反家族的な税金政策のためだ。 家を持つ男女が結婚すれば1世帯2住宅となり税金を払わなければならない。家族の中で誰が大きなお金を稼いで助けようとしても贈与税がかかる…」

などのコメントがネット掲示板に投稿されている。
 
参考記事:米高校教科書「独島は韓国人が甚だしい民族主義で領有権主張」 他にも「日本海」「満州属国」

参考記事:韓国紙「世界は韓国中心に動くという《天動説》止めよ」「反日に親中に…錯覚の沼に陥っている」

参考記事:韓国料理評論家「韓国のチキンが美味いというのは《洗脳》」「実際は味・重量足りないのに高価」