韓国製の「リンゴの香り 手消毒剤」がベトナムで全面リコールか メタノール超過で

  • 2021年12月13日
  • 2021年12月13日
  • 通商

韓国製の消毒剤がベトナムでリコールされたとの報道が出ている。

韓国メディア・グローバルエコノミックは13日、ベトナム紙の報道をもとに、同地の化粧品メタノール制限要件を満たさなかった韓国企業GC Pharma(緑十字)社の「リンゴの香り 手消毒剤70ml」がベトナム医薬庁から流通中断と全国リコール命令を最近受けたと報じた。

同記事によると、ベトナム医薬庁は去る10月21日付でホーチミン薬物試験機関の公式文書を通じてこれを公表したとされる。
 

GC Pharmaがベトナムで販売する手消毒剤
 
同紙は「これにより、GC Pharmaベトナムは、ベトナム全域の流通製品を対象に回収通知を送らなければならず、規定に合わない製品は一括回収することになる」と伝えた。

ベトナム医薬庁はまた、GC Pharmaの他の製品についても違反がないか検査を行う方針であり、「規定を満たさない製品があれば、追加で結果を発表する予定だ」とグローバルエコノミック紙は伝えている。

GC Pharmaは韓国の医療品大手だ。
 
参考記事:韓国紙「ベトナムは韓国産シャインマスカットが人気」「しかし中国産が15分の1価格で販売開始…」

参考記事:韓国紙「仏で日系メーカーのラーメンがリコール」「クロロエタノールが基準値超え」

参考記事:韓国ユニコーン企業「ヤノルジャ」がベトナム進出 SaaSソリューションを現地3千以上のホテルに提供