現代自動車のEV「アイオニック5」がスペインの「今年の車」に選ばれる 米独に続き

  • 2021年12月15日
  • 2022年11月21日
  • 通商

現代自動車の電気自動車「アイオニック5」が米国とドイツに続いて「2022スペインカーオブザイヤー」に選ばれたことが分かった。

15日、韓国の専門紙などによると、スペインのカタルーニャ自動車記者協会(APMC)は最近、現代自動車アイオニック5を「2022年の車」に選定した。韓国の電気自動車がスペインで「今年の車」に選ばれたのは今回が初めてだ。

報道によると、アイオニック5は決選投票で合計109点を獲得し受賞したという。決選投票では他にVWのキュプラボン(87点)、起亜自動車のEV6(64点)もエントリーしていた。
 

アイオニック5/HYUNDAI
 
予選では、これらの車両に加え、△アウディe-トロンGT△BMW iX△ダチアスプリング△フォードマスタングマッハ-e△日産キャッシュカイ△オペルモカ-e△ルノーメガンE-テックなどが名を連ねていた。

審査にはスペインの自動車産業関係者33人が参加したと伝えられる。

アイオニック5は今回のスペイン今年の車選定に先立ち、米国とドイツでもカーオブザイヤーに選定されている。
 
参考記事:韓国現代自動車が英BBC誌「カーオブザイヤー」受賞 フェラーリやポルシェ抑え

参考記事:現代自動車がスペイン消費者団体に告発される 火災危険車両を「秘密裏に」リコールか

参考記事:韓国現代自動車がドイツ市場で輸入車1位に、全体でも5位の快挙…韓国で火災相次いだEVも好調