米メディア「なぜ駐韓米大使は不在なのか?」「両国間に緊張感漂う」

バイデン政権が駐韓米国大使の指名を未だ行っておらず、米韓間で緊張をもたらしていると米NBC放送が報じた。

NBCは16日(現地時間)、複数の元・現職政府関係者の発言を引用し、「米国はなぜ駐韓大使が不在なのか」というタイトルの記事を報道した。現在、米国は韓国にクリストファー・デル・コソ駐韓米国大使代理を置いている。

NBCは「バイデン政権の駐韓国大使指名遅延で長年の友好関係にある両国間に緊張感が漂っているというのが複数の前・現職政府関係者らの分析」であると指摘した。

韓国のある元政府関係者は「過去数ヶ月間(指名遅延に対する)批判があり、(批判の声が)ますます大きくなっている」と述べた。

韓国のある議会関係者は「韓国人たちはまだ駐韓米大使が指名されていない状況に対して侮辱感を感じている」と明らかにしたとNBCは伝えた。米国は駐日大使と駐中国大使は早々に大使を指名している。

米国の元政府高位関係者は「韓国は(大使の)候補すらなく、日本と中国に候補者を置くのは侮辱的なこと」と指摘した。

一方で韓国政府の高位関係者はNBCに「米国の大使がまだ任命されていないが、指名されていない国家が韓国だけではない」とし「私たちは米国政府が従うべき過程があると知っている。ただ日本と中国の大使が決定したとしても、過程以上の意味はない」と話した。ただし、この高位関係者は「しかし現実的な理由で駐韓米国大使がすぐに決定されるのが良いだろう」と話したとNBCは伝えた。

バイデン政権は発足後11ヶ月が経つが、海外大使の半分以上が「空席」の状況となっている。

 
参考記事:韓国紙「駐韓米大使がいまだ指名されない理由は何か?」「アジア各国は既に指名か有力候補挙がる」

参考記事:前駐韓米大使「日系の私への人種攻撃に大統領府は沈黙した」「新大使いまだ任命されず…不幸だ」

参考記事:韓国は米中への輸出入依存度が過度に高く…米中紛争のなかで多様化求められる