韓国紙「ドイツでは韓国式防疫の導入を市民社会が阻止」「世界は日本式に収束へ…K防疫はない」

韓国の「メディアオヌル」は9日、韓国型の防疫システムを批判的に分析した『K-防疫はない』の共著者であるチャン・ブスン関西外大教授のインタビュー記事を掲載した。チャン教授は韓国の防疫体制について、大量検査システムそのものの弊害や、人権上の問題、そして成果を宣伝する党派的な問題などについて指摘している。
 
参考記事:韓国紙「日韓でコロナ感染数大逆転…真の差は戦略にあり」「日本は人権も尊重…韓国は自画自賛に陥り…」
 
本書を執筆した理由についてチャン教授は「政府がK-防疫成果を誇張して自賛するだけで、省察が全くないという大きな問題意識がある。防疫が成功したという台湾もここまで国家が前面に出て広報はしない」とし、「防疫が特定の党派の成果と同一視され、K-防疫に異見を出す専門家は全国民的非難を受けている」と指摘した。

一方で「専門家が口を閉じれば被害はそっくり国民が受けることになる。コロナウイルスは誰も知らない未知の領域だ。そのため、データに基づいて専門家が正しい選択肢を生み出すのを助け、保護する必要がある」と述べている。

チャン教授は、K-防疫の大量検査システムはどの部分が問題かと思うかとの質問に対して、「「世界中でコロナ19関連論文を見ると、多数の論文が大量検査システムに問題を提起している」とし、「PCR検査を多くして、感染者を数千人ずつ見つけると言ったとき、彼らをどうするかという問題に直面することになる。移動を妨げたり、隔離治療をしたりしなければならないのに、1日の感染者が5000~7000人ずつ出れば、そのような措置は可能か?方向転換が必要だ」と説明した。
 

昨年12月に発刊された『K-防疫はない』書影
 
続けて「コロナ初期のイギリスや日本は大量検査をしなかった。日本は超高齢高密度社会という制約の中で大量検査ではなく最適検査を採択し、限られた医療資源を重症患者管理と治療に集中した。初期のPCR検査基準を高く設定したのも、結局、重症患者中心にのみ病院へのアクセスを可能にし、医療崩壊を防ぐ役割をした」と伝えた。

一方で「しかし今の私達の現実はどうか。大規模な人員が選別診療所のような一箇所に長時間待機した後、PCR検査が続く。その過程で防疫指針はきちんと守られているのか?政府の安易さが感染宿主を育てているのではないかを見なければならない」と批判した。

チャン教授は韓国で日本の防疫に対する陰謀論が出ていることにも批判の矛先を向ける。- 日本政府が意図的にPCR検査を減らして感染者数を操作しているとの主張があることに対してチャン教授は「陰謀論にすぎない」とし、「日本政府が感染者数を下げるためにPCR検査をわざと少なくしている場合、陽性判定率(コロナ19陽性と判定された検査結果の数字を全コロナ19検査数字で割った値)は上がらなければならない。感染者が距離に無知に多いのに意図的に検査を減らして感染者の数値を下げている場合、実際のPCR検査を施行したときに陽性と判定される確率は高くなければ常識的である。しかし、日本の養成判定率は感染者減少とともに下がっている。それなら実際の感染者がいないということだ」と指摘した。

チャン教授らは『K-防疫はない』において、K-防疫の核心である「大量検査戦略」がすでに韓国から消えており、韓国を含む主要国がJ-防疫の緩和戦略に収束していくという主張を行っている。チャン教授は「無条件に多く検査すれば良いようにみえるが、最適検査量を見つけることが重要だ。つまり、主要国の検査量がコロナ事態初期の日本のように減ったのだ。医療資源が限られた状態で感染者だけ探すのが綾糸ではない。医療状況を総合的に判断して資源を配分する戦略が必要なのだ」と述べている。

チャン教授は韓国内での問題として、「《K-防疫が世界最高》という国粋神話に冷や水をかければ、民族反逆者としてレッテルを貼られる現象」を挙げ、「最近の状況は深刻だ。危機に直面したため、K-防疫状況を振り返る必要がある。英米でもはやK-防疫を肯定的に評価する論文は出てこない。感染者追跡を理由に病院診療記録、クレジットカード内訳、CCTVとGPS情報まで活用するK-防疫が世界中で喝采されるというのは想像できない。2020年下半期、ドイツで韓国式感染者追跡システムを導入しようとしたが、政治圏と市民社会によって阻止された」と伝えた。

この報道をみた韓国のネットユーザーからは、

「…(与党)支持者たちは日本と単語が出たたけでも反射的に日本のロビー活動だと妄想する…」

「耳を傾けるべき意見だ。特に、意味のない大量PCR検査は全国民が自発的に止めるべきだ…」

「…親日の手先の言うことを聞くのか?…」

「反日感情というのは怖いなあ…こういう意見を出しても耳をふさいでK-防疫が最高だと言う」

「本が出るやいなや日本の感染者が急増中なんだが…」

「接種しないことだけが生き残る道だ」

などのコメントがネット掲示板に投稿されている。
 
参考記事:韓国紙「朝鮮人には愛国心はなく民族的本能がある…19世紀英国人指摘」「今の韓国も種族主義や偏狭さ残る」

参考記事:韓国紙「韓国人の平均所得は日本人より5%高いが…貧富格差は韓国が圧倒」「資産価格は日本の方が安定」

参考記事:韓国議員「自営業者の廃業希望が過去4年で8.7倍に急増」「文政権の政策失敗がコロナと噛み合い多大な影響」