韓国で中国産キムチや豚肉などを「100%国産」と偽った業者ら3,115カ所が摘発 1,634社は刑事立件

  • 2022年1月20日
  • 2022年11月21日
  • 産業

昨年、韓国において原産地偽造で摘発された事件のうち、6割が中国産を韓国産と偽って販売したケースであることが分かった。
 
参考記事:中国産もやしを「クリーンな韓国産」と偽装・販売した業者に懲役刑 スーパー8カ所に卸す
 
韓国国立農産仏品質管理院(農官院)は昨年、農食品原産地を偽表示した企業3115カ所を摘発したと19日に明らかにした。農官院によると、違反件数の半分以上(58.8%)が中国産を韓国産と偽ったもので突出していた。続いて米国産を韓国産に偽ったものが22.8%、メキシコ産を韓国産に偽ったものが4.6%を占めた。

品目別に見ると、白菜キムチ(19.6%)、豚肉(17.3%)、牛肉(9.3%)の順で偽造が多かった。業種別では一般飲食店(45.6%)、加工業者(18.6%)、食肉販売業者(7.8%)の順で原産地をだまして売る場合が多かった。
 

image
 
コロナの影響で、ホームショッピング、オンラインショッピングモール、配達アプリなどを利用した非対面消費が増加したが、同時に偽造の摘発件数も増えた。昨年3月には有名オンラインショッピングモールで味噌販売1位の加工業者が約46トン(6億4000万ウォン相当)の味噌を韓国産と偽って売ったケースが摘発された。昨年摘発された通信販売原産地表示違反業者は834カ所に上り、1年前(592カ所)より40.8%増加した。

オンライン販売が増えるに伴い、1トンまたは1000万ウォン以上の物品をだまして売る大型詐欺も前年比18.4%増えた。農館院は、中国産と韓国産を混ぜた小麦粉を「100%国産」と偽り、インターネットで約690トン(102億ウォン=9.8億円相当)を売りさばいた流通業者や、外国産のゴマで作ったごま油約24トン(19億ウォン=やく1.8億円相当)を国産と偽りホームショッピングで販売したメーカーなどを摘発したと明らかにした。

原産地表示法違反で摘発された企業のうち、原産地偽装販売を行った1634社は刑事立件された。これら企業は7年以下の懲役または1億ウォン(約960万円)以下の罰金刑を受ける。原産地を表示しなかった1481社には過怠料が課された。
 
参考記事:中国産部品を韓国産と偽り利ザヤ得た韓国9業者が摘発 「MADE IN CHINA」削る

参考記事:韓国司法警察「中国産唐辛子使用キムチを韓国産と詐称した業者ら11件摘発」「厳格に処罰する」

参考記事:韓国紙「TPP加盟を韓国農業界は大きく憂慮」 途上国「特権」剥がされ国産脅威に