韓国左派紙「文大統領が日本大使館に《独島ギフト》贈ったのは適切でない」「日本に利することに」

駐韓日本大使館が独島(竹島)の絵が描かれた文在寅(ムン・ジェイン)大統領からの旧正月ギフトの受領を拒否し、返送したことが問題になっているが、左派系紙が文政権側の意図を疑問視する記事を掲載した。
 
参考記事:韓国著名教授「日本大使館のギフト返送はみみっちい戦略」 「みみっちいのは文在寅では?」ネット民
 
京郷新聞は23日、『文大統領はなぜ日本に独島が描かれた正月ギフトを贈ったのか』というタイトル記事を掲載し、「大使館が駐在国首脳のギフト受領を拒否することが起きたこと自体が非常に異例なことだ」としつつ、「日本大使館がギフト受領を拒否した理由に劣らず、大統領府がなぜ日本大使館に独島の絵が描かれたギフトを送ったのか関心を集めている」と指摘した。

同紙は「国内では日本にこのギフトを送ることで独島が大韓民国領土であることを強調する意味が含まれているものとし、大統領府を擁護する見解が多い」としつつ、「しかし、独島が大韓民国領土という明白な事実とは別に、大統領府が、独島の絵が描かれた大統領のギフトを、日本政府を代表する駐韓日本大使館に送ったのは適切ではないという指摘が提起されている」と伝えた。
 

 
続けて、「外交使節と国内の人士たち全員に渡したギフトだから日本だけを特定したわけではないが、日本大使館側がこのギフトを受けられないという事実を大統領府が知らないわけがないという点で、他の意図があるのではないかという意見が出ている」とし、政治利用ではないかとの見方が日本メディアなどから出ていることを伝えた。

同紙はまた、「今回の事がむしろ日本に得になるという指摘もある」とし、「日本は独島が韓日間の領土紛争地域であるという事実を国際的に広く認識させるための機会があるたびにこの問題を持ち出している」ことを挙げ、代表的な例として昨年11月に米ワシントンで開催された日米韓外交次官協議において日本側が韓国警察庁長の独島訪問を口実にして事前に予定された共同記者会見をキャンセルしたことを伝えた。その上で「大統領府の旧正月ギフトが独島を紛争地域化しようとする日本に利することになるとの指摘が出てくる理由だ」と付け加えた。

京郷新聞は「大統領府が先に独島紛争地域化の口実を提供したのは非常に賢明でない行為」であるとする外交消息筋のコメントを伝えた。

現在、韓国大統領府はこの問題に対して特段の立場を示していない。
 
参考記事:韓国紙「東京五輪を嘲笑した中国もやられた…北京五輪も制限開催」「習首席の戴冠式・大言壮語は空念仏に終わった」

参考記事:米外交誌「韓国は日本に東南アジアで後塵を拝した」「対中国の安保協力を韓国は避けるが…日本は対抗」

参考記事:韓国紙「朝鮮人には愛国心はなく民族的本能がある…19世紀英国人指摘」「今の韓国も種族主義や偏狭さ残る」