ベトナム警察が16歳韓国人を逮捕し韓国に引き渡しも「釈放と同じ」ネット民

  • 2022年1月26日
  • 2022年11月21日
  • その他

韓国の16歳の少年が性犯罪容疑でインターポール(国際刑事警察機構)に捕まった。
 
参考記事:「韓国名門大卒のエリート教師、女性生徒22名を暴行し男子生徒1人を殺害」韓国放送局が42年前の事件を検証
 
未成年者の少女たちが登場する性搾取物コンテンツを制作して流布した疑いでインターポールの手配を受けていた韓国人の16歳の少年がベトナムで逮捕されていたことが分かった。

現地紙や韓国紙などによると、ベトナム警察は先月末、ホーチミン市でA(16)少年を検挙し、韓国警察に引き渡したことが分かった。A少年は昨年7月、児童性搾取物の製作・流布の疑いでインターポール手配者の名簿に上がっていた人物だ。

A少年は昨年3~4月、Facebookを通じて韓国内の未成年者の少女たちに接近し、性的な写真と動画を送るようにしたとされる。以後、これを性搾取物サイトに載せて流布して収益を得ていた。
 

image
 
一部の被害者家族がこのような事実を知って通報し、韓国警察はその年の11月、A少年軍の手配事実をベトナム警察に通知した。A少年は2017年から両親とベトナムで生活していたことが確認された。ベトナム南部のあちこちに住居を移して生活し、インターポールから手配され後には、身元をくらましていたという。

現地警察は、一ヶ月余りの捜査の末、A少年の親がホーチミン市のアパートに居住していることを発見した。当時、A少年は両親と一緒に暮らしていなかったが、警察は彼が両親の家に訪れることを予想し張り込んでいた。そして先月19日、タクシーから降りてアパートに向かったA少年を発見して逮捕した。A少年は逮捕の2日後、韓国警察に引き渡された。

 
この報道をみた韓国のネットユーザーからは、

「韓国警察に引き渡したって、それって釈放と同じじゃないか。児童ポルノ犯は米国に引き渡して然るべき」

「釈放と同じだ!ベトナムの法で処罰せよ」

「未成年者相手の性犯罪は刑量を引き上げるべき。16歳なら触法年齢に該当しないが、触法制度も変えるべき」

「韓国で裁判したらウェブサイトだけが処罰される。米国に送れ」

「韓国警察に引き渡せば裁判所が未成年者ということで釈放するじゃないか」

などのコメントがネット掲示板に投稿されている。
 
参考記事:ドイツ軍大尉自宅から北朝鮮関連機密文書が発見 独情報当局(MAD)が調査へ

参考記事:在韓日本大使館関係者の性的発言に批判 「文大統領はマスターベーションをしている」

参考記事:韓国系のフランス元大臣、女性職員へのセクハラで告発される 「今は何も話したくない」