米メディア「韓国で高まるアンチフェミ運動…保守政治家も求愛」「男女賃金格差は世界最大なのに…不思議だ」

  • 2022年1月27日
  • 2022年11月21日
  • 政治

米国放送CNNが最近、一部の韓国人と保守政治家らから発せられるアンチフェミニズムの主張を取り上げた。
 
参考記事:米国紙「韓国で猫の仕業による住宅火災が多数発生」「被害額約1400億円、人命被害も」
 
CNNは24日(現地時間)「ワシントンポスト」コラムリストであるファリード・ザカリアが行った『韓国の驚くべきアンチフェミニズム運動』という放送で、「韓国の若者の間で男性の権利を強めなければならないという運動が出ている。運動はオンラインで力を得て右派政治家たちの機会主義的な求愛を受けて大きくなっている」と報じた。

ザカリアは「昨年5月のアンケート調査によると、79%に達する韓国の20代男性が《逆差別》を受けていると答えた。しかし韓国は2020年基準の先進国のうち性別の賃金格差が最も大きく、上場企業の役員比率が5%しかない国だ。一体何が起きているのか」と問う。

2020年基準のOECD統計によると、韓国は他の先進国より最も高い男女賃金格差を記録した。韓国の男女賃金格差は31.5%で、日本よりも9%以上高かった。

ザカリアは「韓国の男性が限られた資源と機会の中でますます多くの圧迫感を感じて不安になっている」とし「多くの男性がオンラインなどを通じて《女性嫌悪》を表出している。彼らは女性を《フェミナッチ》と表現し、フェミニズムを《がん的な存在》と表現している。また、女性平等を主張する女性家族部(省)の廃止を主張している」と明らかにした。

続いて彼は「アンチフェミニズムの主張を掲げる人々が女性家族部を廃止しようとも要求する。差別的な戸主制度を廃止するのに寄与し、未婚の母や移住女性を助ける部署をだ」とし「この問題は3月の大統領選挙を控えて高まっている」と説明した。

また、ユン・ソクヨル国民の力大統領候補について、「保守政党の国民の力の大統領候補は当選すれば女性(家族)部を廃止すると公言した」と付け加えた。

また、「これが韓国の政治文化でしか起こらない奇妙な現象と思われるが、右派政治家に活力を吹き込む要素として女性嫌悪が使われる場合は珍しくない」と述べた。

 
この報道をみた韓国のネットユーザーからは、

「…この国の男性は自我があまりに肥大し、全世界がおかしいと指さしても韓国の男性が正しくて全世界が間違っているという…」

「…軍隊が無ければ何もない韓国の男…」

「フェミが男性に対して殺人をしたのか、火をつけたのか、銃を撃ったのか、難盗をしたのか、罪を犯したのか…」

「フェミが言論操作をしている」

「男たちが怒らなければならないのは既成世代のような男たちだ…」

などのコメントがネット掲示板に投稿されている。
 
参考記事:韓国紙「海外紙が韓国の中国化を心配してる」「社会主義呼ばわり…悲しいこと極まりない」

参考記事:海外紙「韓国のコロナ感染が最多5千人超も…隣国日本は一桁維持」「医療体系が脆弱な実状…拡散止まらず」

参考記事:中国紙「韓国は中国に特使を送って懇願した」「先進国を称するのに尿素も作れないのか」