韓国ソウル市で窒素酸化物など排出した建設現場など42件摘発 呼吸器不全や心血管疾患誘発の危険性

  • 2022年2月1日
  • 2022年11月21日
  • 産業

ソウル市は建設工事現場など120カ所、軽油車162台などを調査し、42件を有害物質の排出などで摘発した。
 
参考記事:韓国紙「韓国建設界は職業倫理なし…ビル崩壊でも責任回避」「日本は補償と処罰徹底…国民の信頼を受ける」
 
ソウル市はクレーンなど建設機械に取り付けられた排出低減装置を任意に操作したり、大型建設機械であるハンターに尿素水(アドブルー)を使用せず400ppm以上の窒素酸化物を大気中に無断排出したりした建設工事現場17箇所を摘発した。市は違反事項に対する捜査を行ったうえで、ソウル中央地方検察庁に告発する予定だ。

韓国では大気環境保全法により、現在事業場や機械から排出される窒素酸化物の許容基準は150ppmを超えることはできない。窒素酸化物、揮発性有機化合物など大気汚染物質は、呼吸器不全や心血管疾患などを人に誘発する危険性が高い。

市は、大気汚染防止施設を設置せずに汚染物質を空気中に排出した無許可排出事業場25ヵ所についても、大気汚染防止法第23条による防止施設未設置疑いで告発予定だ。
 

image
 
無許可排出事業場は自動車部分塗装事業場、運輸業者など防止施設を設置せずに塗装作業を行い、揮発性有機化合物を外部に排出した事業場を指す。

また、市は主要物流車庫、公営および私設駐車場などで低減装置(DPF)付着車両に対する取り締まりを行った。このうち管理状態が不良な車両26台を摘発して是正命令を下し、煌煙低減装置を故意に毀損したことが明らかになった場合は所有者を告発する計画だ。

一方、ソウル市は一昨年末から昨年初旬間に摘発した自動車検査所及び防止施設未設置事業場など14か所に対する捜査も完了し、ソウル中央地方検察庁に告発したと明らかにした。

コ・ソクヨン=ソウル市車両公害低減課長は、「今回の第3次微細粉塵季節管理制期間にも大気汚染物質を無断で排出する事業場および煌煙低減装置を毀損した車両などを集中取り締まり、摘発された事業場に対しては告発など強力な措置をとるだろうとし、「事業主は微細粉塵排出源管理を徹底してほしい」と呼びかけた。
 
参考記事:韓国当局が日本から輸入の漢方薬を摘発 「韓国で使用禁止のセンノサイドを検出」

参考記事:韓国で中国産キムチや豚肉などを「100%国産」と偽った業者ら3,115カ所が摘発 1,634社は刑事立件

参考記事:韓国でタワークレーン59台がリコール 中国ズームライアン製