日本に輸入のイカキムチなど韓国産水産加工物で違反多数 大腸菌陽性で廃棄処分命令

  • 2022年2月1日
  • 2022年11月21日
  • 通商

今年1月、韓国の水産物加工物など多数が日本で衛生違反となり、返送・廃棄処分命令を受けていることが分かった。
 
参考記事:厚労省が韓国産青唐辛子に廃棄指示…殺菌成分超過で 日本の基準値、韓国より厳しく今年10件超違反
 
日本および韓国の食品当局によると、今年1月に日本で違反が発覚した水産加工物は計4件に上る。
 

イカキムチ
 
イカキムチとタコキムチ、それにクァメギ(さんまなどの煮物)と昆布麺だ。
 
当該違反事例/日本厚労省
 
イカキムチは細菌数が 1.6×105/g検出され成分不適合となった。タコキムチは大腸菌陽性(細菌数 2.8×105/g)、クァメギも大腸菌陽性、昆布麺は発育可能な微生物の陽性判定を受けた。いずれも全量廃棄、あるいは返送措置となっている。
 
クァメギ
 
韓国農水産食品流通公社は31日、この件を取り上げ「冷凍醢醬品は大腸菌陽性で違反になる事例が多く発生しており、また、冷凍食品の場合、冷凍食品規格基準により細菌数が100,000/g以下でなければならないので、特別な注意が必要になる」と注意喚起した。

 
参考記事:韓国大臣「TPP加盟のための日本産水産物の輸入解除は考えず」 日本以外の支持取り付けで加盟に自信か

参考記事:韓国のプデチゲ有名店「おでん食堂」が敗訴 模倣店側の商号無効訴えが通る…「おでん使ってないから」

参考記事:仏当局が韓国産ラーメンを回収命令…有害物質が基準大幅に超える