韓国証券市場の時価総額、アジアで断トツの下落率(日本の2倍)に…1月だけで17兆円が吹っ飛ぶ

  • 2022年2月2日
  • 2022年11月21日
  • 金融

2日、大韓証券がブルームバーグの主要国(47カ国)の証券市場時価総額集計を分析したところ、世界の証券市場の時価総額は113兆1526億ドルで、昨年12月31日より6.89%減ったことが分かった。一方で韓国はこれら平均を大きく上回る10.77%の同下落率を示している。金額にして約17兆円が蒸発したことになる。
 
参考記事:韓国対象の各国の輸入規制 欧米や中印など計28カ国・206件が課す…今年は増加可能性
 
今年に入って国別時価総額増加率が最も高いのは、ペルー(14.32%)、コロンビア(12.40%)、チリ(11.31%)などだった。

主要国の中では、香港(1.66%)が増加し、英国(-2.00%)、日本(-5.00%)、中国(-6.05%)、ドイツ(-7.05%)、米国(-10.14%)などはすべて減少した。

韓国は時価総額が10.77%減っており、ロシア(-16.09%)、スウェーデン(-15.48%)、デンマーク(-13.84%)、オランダ(-13.04%)に続いて下落率5位を記録した。アジアでは圧倒的に下落率が高い。

ユ・スンチャンKB証券リサーチセンター長は「コロナ19直後の2020年超低金利環境でネイバー、カカオなどの成長株が注目を集めたが、2021年下半期から緊縮問題により魅力が半減し、今年に入る大型IPO(企業公開)による需給ショックが発生し、国内証券市場が他の国よりも多くの打撃を受けた」と説明した。

金額にして、1月の1カ月間で175兆ウォン(約16.7兆円)が消えた。先月29日に韓国取引所が発表したところによると、コスピ時価総額は2094兆8000億ウォンで、昨年末より108兆5000億ウォン(4.92%)減少した。コスダック市場時価総額は446兆2000億ウォンから380兆2000億ウォンに66兆ウォン(14.8%)ほど減少した。

 
この報道をみた韓国のネットユーザーからは、

「この国が証券市場のためにやってくれたことって何があるんだ…」

「韓国証券はいつまで後進的でいないとだめなんだ」

「株価操作しても召喚調査なしに過ぎていく国で株投資をやるだって?」

「機関投資家のやり方に問題がある。物的分割を厳格に救済しないと」

などのコメントがネット掲示板に投稿されている。
 
参考記事:韓国紙「駐韓米大使に対北強硬派…かつて韓国を《パッシング》」「対北制裁乱す文政権への赤信号」

参考記事:韓国紙「文政権は民主化後30年で最も後進的」「法治ではない人治政権…中世国家への退行」

参考記事:韓国紙「日本は半導体誘致に4千億円、韓国は自国企業に冷や飯」「文政権が支援縮小…国内投資すれば損する状況」