韓国紙「日韓でコロナ感染者は同等だが、死亡・重症化率は日本が11倍」「3回目接種率で決定差か」

  • 2022年2月7日
  • 2022年11月21日
  • その他

オミクロン株の感染者が日韓ともに爆発的に増えているが、日本と韓国では死亡率などで決定的な差があると韓国紙が報じてる。
 
参考記事:米国紙「韓国企業が違法輸出のコロナ診断キットを自主回収」 日本とは1月に契約済み
 
韓国の左派系紙であるオーマイニュースは6日、『オミクロン爆発のなか、韓国と日本の決定的な差異』というタイトル記事を掲載し、3回目の接種率の違いが明暗を分けていると報じた。

同紙は、韓国(5184万人)と日本(1億2558万人)の人口比が約1対2.4という点を勘案すれば、感染者数は1対2.77で「人口比とほぼ同様である」としつつ、「しかし死亡者数と重症者数を見ると、1対5.31と1対4.08で人口比をはるかに上回る」「さらに時間が経つにつれて韓国は死亡者と増増者の数が減り、日本はさらに増える傾向を見せている」と伝えた。
 

image
 
オーマイニュースはこのような日韓の差について、「このような違いを生む原因が何だろうか。ワクチン3次接種率が最も有力な候補に挙げられる」とし、英オックスフォード大学のデータをもとに韓国の第3次接種率は53.8%(2月3日現在/60歳以上は86.1%だ)であるのに比べて日本は4.8%に留まっていることを挙げ、「韓国に比べなんと11倍以上も差がある」と「第3次接種率が韓日間の死亡者、重症者数の著しい差を示す可能性が高い」と指摘した。

同紙はまた、「両国間のコロナ対応の方向をめぐる意見も異なって現れている」とし、「韓国では感染者爆発にもかかわらず、重症者が増えずに再び《ウィズコロナ》に防疫体制を転換しなければならないという声が高まっている」としつつ、「反面、日本では感染者数爆発と死亡者及び増症者数が比例的に増え、防疫段階を最高段階である緊急事態宣言に高めるべきだという声が提起されている」と伝えている。

 
この報道をみた韓国のネットユーザーからは、

「日本は高齢者人口が多いからかな。志望者の年齢帯は調べてみないと」

「未開な日本ともう比べるな。全世界が韓国を羨ましがるのに」

「(日本は)自宅療養中に重症化しても保健所に電話が通じず病室にも入れないとか…」

「だから政府に感謝しろって?…」

「日本がより老いたから死亡者も多いのでは?…」

などのコメントがネット掲示板に投稿されている。
 
参考記事:韓国で毒検出のコロナ殺菌剤、周知足りずリコール処分後も売れ続ける 「国民への相当な脅威になる」韓国紙

参考記事:韓国紙「日韓でコロナ感染数大逆転…真の差は戦略にあり」「日本は人権も尊重…韓国は自画自賛に陥り…」

参考記事:韓国歴史学者「佐渡金山は《朝鮮人強制連行》と無関係」「世界遺産登録を反対すれば恥をかく」