韓国代表が失格不服で国際裁判所に提訴へ…中国金の五輪男子ショート ハンガリーも提訴へ

韓国選手団が北京冬季オリンピック男子ショートトラック1000m競技で下された判定を不服として国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴することにした。国際オリンピック委員会(IOC)と国際氷上競技連盟(ISU)にも書簡を送って抗議した。
 
参考記事:韓国五輪代表旗手に中国人の批判殺到「小国の分際で」「泥棒コリア」…身内贔屓判定発言が原因か
 
ユン・ホングン韓国代表選手団長は8日午前11時、北京オリンピックメインメディアセンターで記者会見を開き、CSAへの提訴理由を説明する予定だ。先にユン団長は「今回の判定の不当さを公式化することで、再び国際氷上界とスポーツ界で韓国選手たちに悔しいことが再発しないように最善を尽くす計画」と話した。

大韓体育会は「これまで血と汗を流して努力してきた大韓民国選手たちと国内で沸騰する偏向判定に対する国民の感情などを考慮して提訴を決定した」とし「こうした審判判定が国際スポーツ界の支持を受けられない点と不公正かつ透明できなかった国際連盟と国際審判との関係も考えた」と明らかにした。
 

提訴を報じるMBCの報道キャプション
 
続いて「これまで韓国選手たちに対する判定論議が数回繰り返された」とし「今回の決定で韓国選手たちが不利益を受けることがもう繰り返されないきっかけになってほしい」と説明した。

去る7日、韓国男子ショートトラック代表ファン・デホンとイ・ジュンソは北京キャピタル室内競技場で開かれた2022北京オリンピック男子ショートトラック1000m準決勝で失格処分となり決勝に出られなかった。

ファン・デホンは、中国のランツウェイとリ・ウォンルンの後ろを追い、試合後半のインコースに入り中国選手を抜いてトップに立ったが、ファン・デホンが中国選手2人を追い越し、遅れてレーン変更をしたものとし、ビデオ判定後に失格処分とされた。

イ・ジュンソも準決勝2位で決勝進出権を得たが、やはりビデオ判定によってレーン変更反則による失格処分とされた。ファン・デホンとイ・ジュンソの失格により中国選手2人が決勝に進んだ。

さらに決勝でも、ハンガリーの選手が中国選手を制していたが、審判団によるビデオ判定により失格処分となり、中国の選手が金メダルに輝いた。ハンガリー代表もこれに反発し、CSAに提訴する予定だ。
 
参考記事:北京五輪選手村の食事に韓国代表「最悪」「中国人は料理できない」 東京五輪に続き食事で物議も

参考記事:「孫興民まで中国のものに…」 英所属チームが春節祝賀広告に孫の肖像使用…韓国で反発「移籍しろ」

参考記事:台湾代表の女子スケーター、北京五輪で着た「服」が理由で炎上 「韓国では生きていけない」ネット民