中国紙「アジア杯決勝で韓国代表選手が禁忌を破る」「プロとしてあり得ない…歴史が証明してくれる」

中国メディアが、韓国サッカー女子代表のエースが試合前に「禁忌」の行為をしたと批判した。
 
参考記事:五輪ショートで反則負けの韓国代表に中国人の批判殺到「なぜこんなに汚いのか」「平昌の悪事の報い」「爽快だ」
 
中国メディア「搜狐(ソフ・ドットコム)」は7日、「女子サッカーアジアカップ決勝戦を控え、韓国のエースであるチ・ソヨン(31・チェルシー・レディース)が優勝トロフィーと記念撮影をした。この行動について彼女は後悔しているか?」と報じた。
 

トロフィーと記念撮影をするチ・ソヨン/大韓サッカー協会
 
韓国女子サッカー代表チームは、中国と2022 AFC女子アジアカップ決勝戦において2-3で敗れた。2点先制しながら3点を献上するというショッキングな敗戦だったが、韓国がアジアカップで準優勝を獲得したのは初めてだった。

一方で搜狐は「競技前に韓国エースのチ・ソヨンの行動が話題を集めている。禁忌(タブー)を破った。これは歴史が証明してくれる」と批判した。

同メディアは「チ・ソヨンが試合前に優勝トロフィーの近く立って写真を撮った。ところがプロ選手が禁忌を破るなんて、これはありえない行動」とし「競技前に優勝トロフィーに触れてはならないということは歴史が証明してくれている」と並べ立てた。

同メディアは同じような例として過去の男子チャンピオンズリーグ決勝を挙げた。同メディアは「イスタンブールの奇跡当時、リバプールに3点差を追いつかれたACミラン選手たち(カカ、ガットゥーゾなど)は試合前にトロフィーに触れていた。完敗したマルセイユ選手たちも試合前に優勝トロフィーに触れた」などと説明した。

大韓サッカー協会が公開している当該記念写真をみると、チ・ソヨン選手はたしかにトロフィーに触れているように見えるが、指先をトロフィーの下部に少し当てているだけのようにみえる。また、中国代表選手や監督と韓国代表監督と4人で一緒に撮った記念写真もあり、チ・ソヨン選手一人が突飛な行動をとったというわけではないようだ。
 

トロフィーと記念撮影をするチ・ソヨン選手と中国代表選手および両国代表監督/大韓サッカー協会
 
参考記事:韓国代表が失格不服で国際裁判所に提訴へ…中国金の五輪男子ショート ハンガリーも提訴へ

参考記事:「孫興民まで中国のものに…」 英所属チームが春節祝賀広告に孫の肖像使用…韓国で反発「移籍しろ」

参考記事:中国紙が批判「旧正月の起源説、韓国に続きベトナムまで…」 越紙「越から中国に伝わる…孔子も言ってる」