韓国で大手店ハンバーガーからナメクジ レタスに挟まり危うく食べるところ…

  • 2022年2月8日
  • 2022年11月21日
  • 産業

韓国のハンバーガー店の製品からナメクジが入っていたことで、問題になっている。
 
参考記事:米有名ハンバーガーの韓国店価格が激高で物議 「不買運動だ!」「韓国人は捕虜か⁉」「これはない」
 
韓国メディアによると、京畿道華城市東灘に住む30代の妊婦Aさんは去る6日、ハンバーガー店のドライブスルー(DT)店でセットメニュー4個を購入した後、自宅で食べようとした製品のレタスから黒い物体を発見したという。

その物体とは4cmの長さのナメクジで、死んだままレタスに挟まっていたとのこと。

Aさんはナメクジを見た後、食欲が失せ、すぐに店舗に連絡して抗議して払い戻し措置をとった」と伝えた。
 

聯合ニュースの当該報道/キャプション
 
店舗関係者はAさんの家を訪れ、問題のハンバーガーを回収し、納品業者のレタスを使用しているが、これからこのようなことがないように措置すると述べたとAさんは伝えた。

Aさんは危うくナメクジを食べるところだったとし、食品衛生当局にも通報すると述べているとのこと。

件のハンバーガー店は大手チェーンであり、この問題に関してはすでに補償を終え円満に解決したとの立場だ。
 
参考記事:韓国で辛いマックナゲットが限定発売へ 「ナゲット特有の食感とカイエンペッパー味が調和」

参考記事:韓国紙「フライドチキン食べた小学生、ネジが歯茎に刺さり流血」「店舗側は1万円の慰労金」

参考記事:韓国の有名キムチから異物が… 消費者「足指の爪だ!」 メーカー「爪のようだが唐辛子」