中国各紙「韓国人は競技規則知らない…感情抑えルール守れ」「日中二強の陰で劣等感…韓国スポーツ界は不正深刻」

  • 2022年2月10日
  • 2022年11月21日
  • 政治

去る7日、北京冬季オリンピックで中国に2度目の金メダルを抱いたショートトラック男子1000mの韓国失格判定に韓国世論が大きな反発を示しているが、中国主要メディアらはこれに「劣等感」などと切り捨てている。
 
参考記事:中国官営紙「韓国の解説者がうるさい…他国中継音より声大きい」「選手より興奮し、立ち上がり、泣いて…」
 
中国官営紙「環球時報」の国際評論ソーシャルメディアアカウントである「補壹刀」は9日、「多くの韓国人はショートトラックのペナルティ規定を知らない」とし「韓国は長期間、中・日の二強大国の陰の下でいたことで自然的に生じた劣等感のため(ショートトラック)判定を中国に偏向的で韓国を無視する不公正だと考えている」と主張した。

同メディアは「ショートトラックの競技規則が厳しくなり、短期的に韓国のような伝統的強豪チームが適応できない現象が発生するが、長期的に選手の生命と健康を保護して種目の発展に資するだろう」とし「韓国は感情的な声を落ち着かせ、新しい試合規則に適応する必要がある」とも述べた。

「観察者網」は、韓国系のアン・ヒョンス(ビクトール・アン)中国代表技術チームコーチに向けた韓国内批判世論について取り上げ、「韓国は(アン氏を)批判する資格がない」という王濛前中国代表チーム監督の発言を紹介した。アンコーチは韓国代表でプレーした後にロシアに帰化し金メダルを取り、今回のオリンピックでは中国チームコーチとして活動している。
 

国際スポーツ裁判所への提訴について報じるMBCの報道キャプション
 
去る7日、中国の放送でショートトラック男子1000m競技を解説した王前監督は「私は彼(アン・ヒョンス)をロシアから連れてきたのであり、韓国から連れて来たのではない」とし「ロシアで引退を宣言し、自身の活躍場を得たいという彼を連れてきた」と述べた。

北京万報など多数の中国メディアは、韓国刑事・法務政策研究員が昨年12月に発刊した「スポーツ界の腐敗実態および関連制度改善研究」というタイトルの報告書を引用し、韓国スポーツ界の不正が深刻で、選手とコーチ選抜過程で不正腐敗が蔓延すると9日報道した。

一方で、駐韓国中国大使館は9日、韓国内で大きくなっている「疑惑判定騒動」をめぐって一部韓国メディアと政治家の批判が不当だと明らかにした。

駐韓中国大使館はFacebookなどに掲げた立場声明を通じて、「最近韓国スポーツ代表団と一部のマスコミが北京冬季オリンピックショートトラック大会で判定が不当だという疑問を提起することに注目している。これは技術的な問題であり専門家の 判断が必要だ」と明らかにした。

大使館側は「しかし、韓国の一部のマスコミと政治家たちは中国政府と北京冬季オリンピック全体を指で反中感情を煽り、両国の国民感情を悪化させ、中国のネットユーザーたちの反発を買った」と主張した。

続いて「私たちはこれにやむを得ない厳重な懸念を表明し、厳正な立場を明かさざるを得ない」と強調した。

韓国メディアなどは、外国大使館がこのような踏み込んだ声明を出すのは異例だとしている。
 
参考記事:韓国紙「韓服騒動は韓国人の劣等感と過剰な民族意識による」「日本や中国より優れたと自己催眠…興奮するな」

参考記事:中国紙「韓国は敗北を受け入れる勇気がない」「国際競技連盟は韓国の異議を棄却する」

参考記事:韓国紙「韓国のドーピング専門家4名、中国のSOSで北京五輪派遣」「韓国は世界最先端、関連技術は3カ国のみ保有」