中国税関「韓国産マダラなどからコロナ陽性反応、通関を全面中断」 WHO「食品から感染…非常に低い」

  • 2022年2月10日
  • 2022年11月21日
  • 通商

中国税関で韓国の貨物からコロナ陽性反応が出たことが分かった。
 
参考記事:日本に輸入のイカキムチなど韓国産水産加工物で違反多数 大腸菌陽性で廃棄処分命令
 
韓国農水産食品流通公社(KATI)は9日、中国税関(海関総所)の発表をもとに、韓国の冷凍倉庫会社4か所から輸入された冷凍カラフトマスのうち2点の外部包装サンプルと1点の内部包装サンプル、冷凍マダラのうち一点の外部包装サンプルから新型コロナウイルス検査で陽性が検出されたたと明らかにした。

中国海関公告2020年第103号の規定に基づき、中国の全税関は、当該貨物の輸出元である韓国の冷凍倉庫4ヶ所からの製品輸入申告の受付を中止することが発表された。

KATIによると新型コロナウイルス以降、中国では輸入冷凍食品を中心に輸入食品に対する検疫措置を強化しており、食品だけでなく食品の包装や輸送コンテナなど輸入食品と連携したすべての項目にコロナ検査を施行していることから、韓国内の輸出業者は注意が必要と喚起している。
 

image
 
とはいえ、食品から新型コロナウイルスに感染する可能性はあるのだろうか?日本の厚生労働省のウェブサイト内にある「Q&A」ページでは「食品を介して新型コロナウイルス感染症に感染することはありますか?」という質問に対し「新型コロナウイルス感染症の主要な感染経路は飛沫感染と接触感染であると考えられています」とし、「2020年5月1日現在、食品(生で喫食する野菜・果実や鮮魚介類を含む。)を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は報告されていません」とある。農水省のサイトでも同じ回答がみられた。

世界保健機関(WHO)も「食品や食品包装紙を通じてコロナに感染する可能性は非常に低い」と明らかにしたことがある。

一方で中国CCTVは先月、中国で海外からの郵便物を開封する際は、オミクロン株が付着している可能性があり、感染の危険があることからマスクと手袋を着用するよう呼び掛けたことを報じた。ロイターもこれを報じたが、WHOによる「そのようなリスクはない」という見方を付け加えた。北京市当局は先月30日、新型コロナウイルスの感染を拡大させたとして、ウイルスが付着した輸入食品を冷凍倉庫で不正に保管していた人物を逮捕したと発表した。
 
参考記事:韓国がWTOで米国に勝訴、韓国産洗濯機の輸入制限は不当判決・・・しかし時が遅すぎた?4年が経ち企業は…

参考記事:中国紙「韓国人気服店を中国当局が摘発…違法所得没収」「ウールなのに実際はポリエステル、値段がコスト比20倍…」

参考記事:仏当局が韓国産ラーメンを回収命令…有害物質が基準大幅に超える