米国紙「NYで韓国外交官が暴行を受け入院」「理由なく顔を殴られ鼻骨骨折」

  • 2022年2月10日
  • 2022年11月21日
  • 政治

50代の韓国外交官が米国ニューヨークマンハッタン通りで暴行を受けたことが分かった。
 
参考記事:米韓国系飲食店にヘイト文書が配達 「司法機関を詐称した手紙であり深刻」
 
9日(現地時間)ニューヨークポストやABCニュースなどによると、この日午後8時10分頃にマンハッタン市内を友人と一緒に歩いていた韓国外交官Aさん(53)がある男性に暴行されたと報道した。

報道によるとAさんは何の理由もなく顔を殴られ、鼻骨が折れる重傷を負い、病院に入院中だ。

A氏と犯人は知り合いではなく、A氏は自分を殴る犯人に韓国外交官身分証を見せたという。
 

image
 
暴行犯はA氏を殴った後、現場から逃走したが逮捕されていないとのこと。韓国外交部は事実関係を把握中だと韓国メディアは伝えている。

韓国メディアによると、現地SNSなどではアジア系を対象とした米国のヘイトクライムではないかとの見方が出ている。

米国内の非営利団体によると、コロナ拡散以来、過去1年間でアジア系を狙った米国のヘイトクライムは4000件余りに達する。

先月29日にもニューヨーク市ブルックリンで食料品店を運営する60代の韓国人が無料で物品をくれと要求する男性から無差別暴行を受け警察が捜査中だ。
 
参考記事:米ヴォーグ誌が韓服を「漢族の伝統衣装」と紹介 出演モデル「韓国は歴史を尊重せよ」

参考記事:文大統領が日韓首脳会談に意欲「窓は開いてる」 日本政府「予定にない」

参考記事:在外韓国人への憎悪犯罪は17カ国50件発生 自殺者は日本在住者が最も多く