なぜ韓国人の対中国謝罪文がSNSに溢れるのか? 「心から謝罪」「中国の犬です」「同胞が恥ずかしい」

Twitterで韓国人が中国に謝る内容の投稿が数多く確認されている。
 
参考記事:「韓国語が国連公式言語に採択、日本語は棄却」の偽報道で月売上337万円 韓国法で処罰できず…韓国紙報道
 
北京冬季五輪開幕式での「韓服演出」やショートトラック競技での韓国失格判定などをめぐり、韓国内では反中感情が噴出しているが、「韓国人として中国に心から謝罪します」などいった「謝罪投稿」が相次いでいる。

14日、Twitterには自身を韓国人とするネットユーザーの投稿した「中国への謝罪文」が数多く確認されている。

あるツイッターユーザーは「私は韓国人として中国人に心から謝罪する。中国の兄さんたち、無知な同胞を許してほしい」と謝罪文を載せた。

他にも、「韓国人として本当に申し訳ない。数日前、ショートトラックの試合は確かに韓国選手が反則をしたことだったが、韓国人があまりにも恥ずかしくて中国選手が悪いかのように言いつのった。申し訳ない」という文が掲載された。
 

Twitterの当該投稿キャプション
 
その他にも、「韓国人として私は中国に謝りたい。私たちは中国の文化を盗み、スタジアムで反則をするべきではありません。私たちは皆ゴミです。申し訳ありません」といった自虐的な投稿をした。

また、「中国のチームは本当に素晴らしいです。韓国人として、私はこの行動を恥ずかしく思う! 、中国のチームはとてもすごい!韓国人として、私は彼らに喝采を送らざるをえない!」など中国を賛美する内容も目立った。

それだけでなく、「韓国人は中国人の犬だと認めます」、「韓国人として言いますが、韓国人は人間扱いされることを嫌います。虫だと思ってください。韓国人は発作を起こします」など韓国人を極度に卑下する投稿もみられた。

韓国各紙はこれら投稿について、機械翻訳で訳したような、ぎこちない文脈の韓国語であり、自作自演であるとほぼ断定している。

これらアカウントのほとんどが、中国語読みのIDを使用したり、以前に中国語を使用した記事を投稿したりしていたことも確認されている。

 
この報道をみた韓国のネットユーザーからは、

「何というか中国らしくて言葉がない」

「中国のコメント部隊だな」

「…もはや可哀そうとしか思えない」

「中国の機関の中にサイバー特務隊が存在します…」

「李在明の支持者たちと言葉遣いが似ているような…」

「我が国のネットでもよく見るやつでは?」

などのコメントがネット掲示板に投稿されている。
 
参考記事:韓国紙「《五輪食事に韓国だけが文句言う》との日本の報道は低劣」「相手の味覚に合わせるのがおもてなし」

参考記事:中国官営紙が韓国警察の説明に疑問「中国人留学生は韓国人加害者を挑発せず」「極端な差別…注意を」

参考記事:韓国紙「駐韓中国大使は無礼…韓国民を攻撃し、教えてやろうの態度」「ここは中国ではない…国際外交の基本尊重を」