韓国SKがNANDメモリ市場で世界2位に、日本のキオクシアを抜く 韓国勢で世界過半占める

  • 2022年2月24日
  • 2022年11月21日
  • 産業

韓国のSKハイニックスがNANDフラッシュメモリ市場で日本のキオクシアを抜いて同世界市場2位に上がった。ソリダイム(旧インテルNAND部門)の買収効果によるものだ。
 
参考記事:日本キオクシアの半導体工場停止で韓国企業が恩恵か SKハイニックスが株価急伸
 
24日、市場調査会社トレンドフォースによると、昨年第4四半期のNANDフラッシュの世界総売上高は前四半期比2.1%減少となる184億8000万ドルを記録した。

ただし、SKハイニックスの場合、第4四半期に26億1500万ドルの売上を上げ、前四半期比2.8%の成長傾向を見せた。シェアは昨年第3四半期13.5%から第4四半期14.1%に0.6%ポイント拡張された。前四半期に比べ売上が上がったのはNAND上位6社のうち、SKハイニックスとウエスタンデジタル(WD)だけだ。

昨年末、SKハイニックスが1次買収を完了したソリダイムは、第4四半期の売上が9億9600万ドルで前四半期と比較して9.9%減、シェアも5.9%から5.4%に0.5%ポイント縮小された。だがSKハイニックスとソリダイムの合算シェアは19.6%で、この市場2位を守ってきた日本キオクシアを押し出して事実上2位を占めたと業界は見ている。

サムスン電子は33.1%の圧倒的なシェアでNAND世界1位を守った。ただし、売上は61億1000万ドルにとどまり、前四半期に比べて6.1%落ちた。シェアも第3四半期34.5%からやや後退した。サムスン電子とSKハイニックスなど韓国企業のNAND市場合算シェアは52.7%で同市場の半分以上を占めている。

キオクシアとウエスタンデジタルが共に運営する日本工場で最近事故が起こったことで、世界NAND市場における韓国メーカーの地位はさらに向上するとみられている。業界ではキオクシア工場におけるウェーハ汚染事故で最小6.5EB規模のNAND生産が減少すると予想される中、特にSKハイニックスが最大受益者になると予想されている。
 
参考記事:韓国の対日本フッ化水素輸入額が3年ぶりに増加 「なぜ国産を使わない?」「日本に白旗か?」ネット民

参考記事:韓国紙「日本は半導体誘致に4千億円、韓国は自国企業に冷や飯」「文政権が支援縮小…国内投資すれば損する状況」

参考記事:韓国紙「日本車の人気回復…注文してすぐ乗れるから」「韓国車は在庫なく最長1年…半導体不足深刻でさらに遅れも」