米がウクライナに地対空ミサイル「スティンガー」を支援へ アフガン戦争で旧ソ連軍困らせた兵器

米国がロシアに侵攻されているウクライナに対し、スティンガー対空ミサイルを支援する見通しだ。27日(現地時間)にAP通信が報じた。
 
参考記事:ウクライナ工兵が橋の上で自爆しロシア軍戦車の進撃を防ぐ 韓国ネット「プーチンを罰せよ」「ウクラに勝利を」
 
APはホワイトハウスがウクライナにスティンガーを提供することを初めて承認したと伝えた。時期は現在のところ未定とのこと。
 

米軍のスティンガーミサイル試射の様子/Gung Ho Vids映像キャプション
 
今回の決定はドイツが保有している同ミサイル500発をはじめとする諸兵器をウクライナに供与する流れで出たものと分析されている。
 
人気記事:ロシア軍戦車にウクライナ市民が捨て身で防ぐ映像が拡散 韓国ネット「真の英雄だ」「生きていてくれ」
 
エストニアも米国の承認を受け、スティンガーミサイルをウクライナに支援している。

携帯用対空ミサイルであるスティンガーは精度に優れ、ヘリコプターをはじめとする航空機撃墜の用途で使用される。
 

米軍のスティンガーミサイル試射の様子/Gung Ho Vidsキャプション
 
1980年代にアフガニスタンを侵攻した当時ソ連軍は、米国がムジャヒディンに支援したスティンガーミサイルによって武装ヘリコプターが次々と撃墜され、これが苦戦の原因になったとされる。当時、約8割の命中率と3割以上の撃墜率を記録したと伝えられる。
 
参考記事:ロシア兵がウクライナで商店略奪か…映像が拡散 短期戦頓挫で食料不足? 銀行から金庫運ぶ様子も

参考記事:韓国紙「露のウクライナ侵攻で韓国防衛産業に利益」「東欧諸国が自走砲や戦車買う…」 関連企業株価も上昇

参考記事:韓国が敵ミサイル攪乱光源システム「DIRCM」を国産化 「イスラエルのように誰も手出しできない強国に」ネット民