西側の対露金融制裁で韓国が漁夫の利? 「露のMSCI退場で韓国市場に約3700億円資金流入」証券社分析

  • 2022年3月2日
  • 2022年11月21日
  • 金融

ウクライナ侵攻で西側諸国から経済制裁をかけられているロシアが、MSCI(モルガンスタンレーキャピタルインターナショナル)指数から退出する可能性が出た。ロシアが退出した場合、この資金が韓国証券市場に流入する可能性が浮上している。
(参考記事:海外紙「米の対ロ制裁は韓国自動車産業を危機に」 部品輸出や決済支障で致命打か

28日(現地時間)ロイター通信によると、MSCI指数研究責任者であり指数政策委員会の議長であるディミトリス・メラスは、「顧客と投資家が市場で取引できなければロシア証券市場を含めることは意味がない」とし、指数からロシアを除外させることを考慮しているという立場を明らかにした。
(人気記事:韓国銀行職員、李在明候補の「ウォンは基軸通貨」発言に皮肉連発…「笑」「コメディだ」「国家負債増えても解決だ」

米国など西側諸国は、ロシアのウクライナ侵攻を受け、ロシア銀行を国際銀行間通信協会(SWIFT)決済網から排除する追加制裁を発表した。これにロシア中央銀行は金融市場崩壊を懸念して外国人の国内有価証券売却を禁止した。

MSCI側は近いうちに委員会を開催し、ロシアをMSCIEM(新興国)指数から除去する決定を下すとみられている。すでにMSCIは「MSCIロシア」指数を凍結し、先月発表した2月四半期のレビューによる編入種目変更も進行しないと明らかにした。
(人気記事:韓国紙「大韓航空が300億円規模のサムライ債を発行へ」「日本の投資家は保守的、全額調達できるか見守る」

これを受け韓国のアナリストなどからは、ロシアがEM指数から退出すれば、その資金が韓国証券市場に流入する可能性があると分析している。MSCI EM内ロシアの比重は約3.3%水準であり、韓国は約12%を占める。

イ・ギョンスハナ金融投資研究員は2日、ロシアのMSCI新興指数除外の可能性を「高く見ている」とした上で、「ロシアが新興国指数から除外されれば韓国への外国人(資金)流入はパッシブ資金のみを基準に約8千億ウォン(約764億円)が発生する」とし「新興市場のアクティブ追従資金を勘案すればさらに約3兆1千億ウォン(約2960億円)がさらに流入する可能性がある」と分析した。合計にして3724億円の流入があり得るとの見通しだ。
(人気記事:韓国紙「日本の素材企業が韓国大手に安売り攻勢…隔世の感」「韓国側の国産化、日本企業のプライド折る」

さらにロシアのセクター別時価総額(流通基準)比重はエネルギーが50.4%、素材が23.3%であることを考慮して、エネルギー(5千200億ウォン=約500億円)と素材(5千500億ウォン=約524億円)業種への外国人資金流入可能性をイ研究員は強調した。

カン・ソンチョルユジン投資証研究員は「指数関連需給は韓国に反射利益になる可能性がある」と指摘している。

(参考記事:韓国紙「対露制裁は韓国建設業界に大打撃、88社が1.8兆円規模を受注中」「工事代金もらえない」

(参考記事:韓国紙「露のウクライナ侵攻で韓国防衛産業に利益」「東欧諸国が自走砲や戦車買う…」 関連企業株価も上昇

(参考記事:韓国銀行「ウォン相場の下落率は他国通貨よりも高い…」「我が国の中国経済依存や投資家の資金流出が原因」