韓国研究機関がPCR検査機器の核心部品を国産化 すぐに商用化可能で価格も半額に

  • 2022年3月3日
  • 2022年11月21日
  • テック

韓国の国立研究機関が次世代遺伝子診断技術として注目されているデジタルポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査機器の部品を国産化することに成功した。
(参考記事:韓国のコロナ新規感染者数が世界1位レベルに…数日で更に倍増予想も 「日米欧は減少傾向なのに…」

韓国電子通信研究院(ETRI)は、デジタルPCR検査装置に使用される水滴蛍光リーダー機の核心技術を開発したと3日に明らかにした。

一般的なPCR検査装置は、約20μl(マイクロリットル)のサンプルを一度に増幅して分子診断に活用するが、サンプルの遺伝子濃度が低すぎると、遺伝子を増幅しても陽性基準値に到達できず、「偽陰性」という誤った結果が出ることがある。
(人気記事:韓国企業が半導体コア素材「SiCパウダー」を国産化 「日本企業より純度高い5N級の開発に成功」

ETRIが開発した装備は2nl(ナノリットル)の微小水滴で試料2万個を作って遺伝子増幅過程を経る。

遺伝子を増幅させた水滴にレーザーをつけて蛍光測定方式で検出するため、遺伝子濃度が低くても一般的なPCR検査装置よりもはるかに正確な診断結果が得られる。

この装置は水滴発生器、温度制御装置、水滴蛍光リーダー機で構成されているため、一つの装置で遺伝子分割・増幅・検出ができる。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

現在、市場で発売されているデジタルPCR分子診断機器のレンズ・光学フィルターなどの高価な光学部品を代替してすぐに商用化できると説明された。また光ファイバーを活用していることから部品価格を半分に下げることができたという。

測定・検出段階で信号品質を改善し、PCR検査精度も高めたと研究チームは説明した。
(人気記事:韓国紙「駐車場不足の韓国…スペースめぐり喧嘩や殺人、人糞も…」「日本は韓国の3倍車台数も、世界の模範」

ETRI診断治療器研究室のキム・ジンテ責任研究員は「コロナ・メルスのような感染病検査を現場でより精密かつ迅速に進行して感染病拡散を初期に制御できる」とし、「がん検査や新薬開発など多様なバイオセンサー装備にも応用できる」と述べている。

研究チームは、メーカーとコラボレーションなどを通じて現場で使用できる普及型デジタルPCR機器を開発して発売する計画だ。

(参考記事:韓国紙「日本の素材企業が韓国大手に安売り攻勢…隔世の感」「韓国側の国産化、日本企業のプライド折る」

(参考記事:韓国製鋼企業が「クラッド厚鋼板」を国産化 これまで日本などに全量依存

(参考記事:韓国の国策研究機関「低温フォトレジストを世界で初めて商用化」「日本企業も不可能だった成果」