ロシア軍副司令官が射殺…ウクライナ狙撃手によるものか ロ側の最高位級死亡者に

  • 2022年3月4日
  • 2022年11月21日
  • 政治

ロシア軍の副司令官がウクライナ兵の狙撃兵によって射殺されたことが分かった。
(参考記事:中国紙「在ウクライナ中国人留学生が《私は日本人》で切り抜けた」「死にたくないならこの方法」

3日(現地時刻)AP通信やロシア紙、韓国紙によると、ロシア中部軍司令部第41連合軍副司令官であるアンドレイ・スコベツキー少将が前日に死亡した。ロシアのウクライナ侵攻が始まって以来、死亡が確認されたロシア側の最も高位級の人物だ。
(人気記事:韓国紙「我が国のロケットは94.1%が国産部品」「ロシア技術者の捨てた書類や油を夜通し分析」

ロシアの「lenta.ru」紙によると、彼の同僚であるセルゲイ・チフィヨブ(Sergey Chipilev)氏が自身のSNSを通じて明らかにしたと伝えられる。同氏は「ウクライナ領土で私たちの友人アンドレイ・アレクサンドロビッチ・スコベツキー少将が特別作戦中に死亡したという悲劇的なニュースを接するようになってとても悲しい」と明らかにした。

lenta.ru紙の報道キャプション

英デイリーメールによると、彼はウクライナの狙撃兵によって死亡した。死亡当時、スコベツキがロシア軍(部隊員)に演説中だったという話も出ているが、具体的な死亡場所と時間は知られていなかった。彼の葬儀は来る土曜日にロシアで開かれる予定である。
(人気記事:中国の軍事衛星、ロシアのロケット残骸と衝突し粉々に? 米宇宙紙が報じる

今年47歳になるスコペツキー将軍は1995年にリャザンのリャザン高等空挺師範学校を卒業した後、小隊長から警備隊空挺部隊参謀長などを経ている。(ロシア国防省による)

ロシア軍には准将階級がないため、大佐の上位階級が少将(ワンスター)となる。ニュースウィークによると、彼は赤の広場で開かれた勝利パレードに2回参加し、ボグダン・フメリニツキー勲章を二度受勲している。

また、北カフカスやしりあにおけるロシア軍の作戦に参加し、2014年にロシアがウクライナのクリム半島を強制併合した際も、これに寄与した功労で勲章を受けた。昨年10月に41師団部隊長に任命された。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

ロシア国防省は3月2日現在、ウクライナ非武装化のための特殊作戦でロシア人498人が死亡し、1500人以上が負傷したと報告している。

(参考記事:韓国紙「韓国系ロシア人(高麗人)への差別発言が頻出」「代わりに謝罪しろ、コンビニは出入り禁止」

(参考記事:韓国世論調査で「ロシアが悪い」が5割、「ウクライナが悪い」が2割に 「米国が悪い」も高く

(参考記事:米国営放送「韓国を除く同盟国全てが対ロ制裁に」「韓国の小心さは愚か…過去に大きな援助受けたのに」