ウクライナ大統領最側近「米国と欧州、日本と豪州の支援に感謝」 韓国には言及せず

  • 2022年3月4日
  • 2022年11月21日
  • 政治

ウクライナのゼレンスキー大統領の最側近とされる人物が、各国に感謝の挨拶を伝えるなか、韓国の名前は抜けていたことが分かった。
(参考記事:韓国各紙「対ロ制裁にグズグズ、文政権が韓国経済のリスクに」「米国からも警告、信頼崩壊で20倍のコスト」

米ニューヨークタイムズ(NYT)は3日、ウクライナのアンドリー・エールマック(Andriy Yermak)大統領秘書室長から届いた書簡を公開した。エールマック秘書室長はゼレンスキー大統領の最側近であり、外交分野でも活躍する人物だ。
(人気記事:韓国紙「対露制裁は韓国建設業界に大打撃、88社が1.8兆円規模を受注中」「工事代金もらえない」

エールマック秘書室長は現在、ロシアの攻撃を避けて地下防空湖に身を避難しているという。

彼は書簡において、まず、国際社会の支援に対する感謝の挨拶を伝えた。彼は「私たちはアメリカ・ヨーロッパの友人たち、そしてロシアに経済制裁を加え、私たちに武器を支援してくれた国々に感謝を伝える」と記した。そしてオーストラリアと日本にも感謝しつつ、韓国には言及しなかった。
(人気記事:米中首脳、文政権下での韓国を訪問せず 「中国首脳訪韓しないのは異例」「バイデンは次期政権と」

この時点で文在寅(ムン・ジェイン)政権はウクライナ国民と避難民のために計1千万ドル規模の人道的支援を緊急提供することを明らかにしていた。

ただ、日本やオーストラリアなど米国の主要同盟国が独自制裁などで足並みを揃えていたなか、韓国だけが具体的な制裁表明が遅れていた。
(人気記事:韓国紙「世界1位《富岳》の天下は長続きしない」 サムスンのスパコンが上位登場

エールマック秘書室長は、国際社会が継続的にウクライナに関心を示すことを訴えた。彼は「私たちはもっと武器が必要だ」とし「ロシアの戦闘機がウクライナ領空を侵入できないようにする国際社会の措置も訴える」と話した。

(参考記事:海外紙「ウクライナが心理戦でロシアを圧倒」「キエフの幽霊や守備隊全員戦死など真偽確認できず」

(参考記事:ロシア軍副司令官が射殺…ウクライナ狙撃手によるものか ロ側の最高位級死亡者に

(参考記事:韓国衛星企業がウクライナ政府の「露軍移動情報」要請を断る 「韓国政府のせいで無理」