英国紙「ウクライナ大統領、暗殺危機に3度晒されていた」「ロシア情報員からの密告で防ぐ」

  • 2022年3月4日
  • 2022年11月21日
  • 政治

ボロディミール・ゼレンスキー・ウクライナ大統領が先週、最低3回の暗殺危機に晒されていたことが分かった。
(参考記事:ロシア軍副司令官が射殺…ウクライナ狙撃手によるものか ロ側の最高位級死亡者に

英紙ザ・タイムズ(3日)によると、ロシアが支援するワグナー・グループ(露民間軍事組織)とチェチェン特殊部隊がゼレンスキー大統領の暗殺を試みたが、ロシア連邦保安局(FSB)内部から漏れた情報によって作戦に失敗したと伝えた。
(人気記事:韓国紙「中国が韓国を《第二のウクライナ》にする」「世界は1930年代のよう…大国が小国運命を左右」

チェチェン特殊部隊はウクライナ首都キエフの郊外で暗殺しようとしていたが、ウクライナ保安当局の関係者は、彼らがゼレンスキー大統領に近づく前に除去したと話したという。ワグナー・グループも一部被害を受けたと伝えられた。
(人気記事:プーチン大統領に韓国大学が学位を与えていた… 授与理由に驚きの声「最悪のミス」「戦犯なのに」

オレクシー・ダニーロフ国防安全保障委員会書記は、ロシアのウクライナ侵攻に反対するFSB局員から暗殺計画を知らされたと述べた。ワグナー・グループはゼレンスキー大統領のセキュリティチームが自分たちの動きを正確に予測したことに驚いたという。

ワグナー・グループは6週間前にキエフに入り、暗殺リストにある上級名簿24人を追跡していたとのこと。
(人気記事:韓国紙「対露制裁は韓国建設業界に大打撃、88社が1.8兆円規模を受注中」「工事代金もらえない」

ワグナー・グループは昨年12月末、アフリカ作戦に投入していた人材をモスクワの外部基地に呼び、組織を再編成した後にウクライナに派遣したと伝えられた。

ワグナー・グループはロシア特殊部隊より装備などでは劣るが、ロシアとの関係を追跡するのが難しいことから重用されている。

(参考記事:韓国衛星企業がウクライナ政府の「露軍移動情報」要請を断る 「韓国政府のせいで無理」

(参考記事:海外紙「ウクライナが心理戦でロシアを圧倒」「キエフの幽霊や守備隊全員戦死など真偽確認できず」

(参考記事:韓国地裁、米CIAの解雇を不当とする韓国人訴えを却下 「主権行為であり干渉できない」