ロシア軍参謀長がハリコフで射殺…ウクライナ情報局が発表 露軍盗聴ファイルも公開

  • 2022年3月8日
  • 2022年11月21日
  • 政治

ウクライナの東部主要都市であるハリコフ(ハルキウ)郊外で作戦中にロシア軍の将軍1人が射殺されたとの報道が出た。
(参考記事:ウクライナ軍がチュグエフを奪還 ロシア軍旅団長ら射殺

8日(現地時間)、英ガーディアンやBBC、インディペンダントなどによると、ウクライナ国防情報局はこの日、ロシア軍所属のヴィタリ・ゲラシモフ陸軍少将ハリコフ近くで射殺したと発表した。
(人気記事:プーチン大統領に韓国大学が学位を与えていた… 授与理由に驚きの声「最悪のミス」「戦犯なのに」

ウクラ国防情報局は「ハルキウ近くで戦闘中、ロシア中央軍事区41軍第1副司令官のヴィタリ・ゲラシモフが死亡した。多くの他のロシアの上級将校も死亡して負傷した」と主張した。これを証明するためにロシア軍内の通信盗聴内容が収められたオーディオファイルを公開した。

ヴィタリ・ゲラシモフは第二次チェチェン戦争とロシアのシリア軍事作戦に参戦していたことが分かった。政府から「クリム半島返還」勲章も受けていたことが分かった。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

ウクライナ当局はTwitterにゲラシモフと主張する写真を公開し、写真には赤い文字で「死亡」(Liquidated)という言葉が書かれていた。ただし、BBCはウクライナの主張がまだ確認されていないと説明している。
(人気記事:韓国がスマート砲弾(知能弾)の核心技術を国産化 「30万G以上衝撃でも正常動作」

先にロシア中部軍司令部第41連合軍副司令官であるスコベツキー少将もウクライナ狙撃手に狙撃されて死亡したという報道が出ていた。ウクライナ侵攻後に死亡した最も高位級人物という点でモスクワの首脳部に大きな衝撃を与えたと外信は伝えている。他にも、ウクライナ軍がチュウイブ(Chuhuiv)を奪還した過程で、ロシア軍第61海兵旅団所属の中佐二人が戦死したことが分かっている。

(参考記事:ロシア軍副司令官が射殺…ウクライナ狙撃手によるものか ロ側の最高位級死亡者に

(参考記事:ウクライナ紙「対露戦の秘密兵器が送られてきた…通称ハリネズミ」「ロシアも予想不可」

(参考記事:韓国各紙「対ロ制裁にグズグズ、文政権が韓国経済のリスクに」「米国からも警告、信頼崩壊で20倍のコスト」