バイデン大統領、韓国の対ロ制裁に感謝書簡送る 「ルール基づく国際秩序に韓国は重要」

バイデン米大統領が文在寅(ムン・ジェイン)大統領にウクライナ事態と関連した韓国政府の輸出統制及び金融制裁など対ロシア措置に感謝するという内容の書簡を送ったと韓国大統領府が8日、明らかにした。
(参考記事:ロシア政府が韓国を非友好国家に指定 各種制裁が予想

バイデン大統領は書簡で「韓国の結然とした措置がウクライナ主権を支持するという強力なメッセージになるだろう」と述べた。
(人気記事:韓国がWTOで米国に勝訴、韓国産洗濯機の輸入制限は不当判決・・・しかし時が遅すぎた?4年が経ち企業は…

バイデン大統領は、韓国政府の戦略備蓄油放出決定について「韓米など世界エネルギー市場を安定させ、エネルギー安全保障という共同の目標を達成しようとする国家の力を示すもの」と評価した。

続いて「ルールに基づく国際秩序を守護するのに韓国のリーダーシップが重要だ」と話した。
(人気記事:韓国紙「米国の鉄鋼関税が韓国だけ不利に…日欧は免除へ」「米は親中の韓国との交渉を事実上拒否か」

大統領府は「韓国政府は今後もウクライナ事態の平和的解決のために国際社会と緊密に協力していく」と明らかにした。

韓国政府は当初、国際社会の制裁に参加するという原則を明らかにした後、消極的という批判を受け、輸出規制や金融制裁などで米国に歩調を合わせている。
(人気記事:韓国紙「日台は半導体蜜月も…我々には友軍なし」「韓国企業は設計を一部盗用…国際社会で信頼失う」

韓国政府は米国の制裁対象であるロシアの7つの主要銀行及び子会社との金融取引を中断し、ロシア国債投資の中断も強く勧告する一方、戦略物資輸出遮断措置を発表した。

(参考記事:韓国各紙「対ロ制裁にグズグズ、文政権が韓国経済のリスクに」「米国からも警告、信頼崩壊で20倍のコスト」

(参考記事:米国営放送「韓国は対ロ制裁決断をずるずる延ばしてる」「足並み揃えないと米は相当な圧力かける」

(参考記事:ロシア軍参謀長がハリコフで射殺…ウクライナ情報局が発表 露軍盗聴ファイルも公開