ウクライナ国防部「開戦以来、ロシア軍1万2千人死亡」「戦車303台、走行車1,036台を破壊」

  • 2022年3月8日
  • 2022年11月21日
  • 政治

ウクライナ国防部が、ロシア軍1万2000人余りが戦死したと明らかにした。
(参考記事:海外紙「ウクライナが心理戦でロシアを圧倒」「キエフの幽霊や守備隊全員戦死など真偽確認できず」

ウクライナ国防部は8日(現地時間)、公式Facebookを通じて「先月23日から今月7日まで、ロシア軍は約1万2000人の兵力を失った」と主張した。
(人気記事:韓国紙「日本の素材企業が韓国大手に安売り攻勢…隔世の感」「韓国側の国産化、日本企業のプライド折る」

ウクライナ軍が破壊したと主張したロシア軍の装備は、戦車303台、装甲車1036台、大砲120門、放射砲56門、防空砲27門、航空機48台、ヘリコプター80台、車両474台、艦艇3隻、燃料タンク60台、UAV 7台となっている。

ウクライナ国防部は自国軍被害規模については明らかにしていないが、民間人被害規模については詳細に発表している。
(人気記事:韓国で日本人アイドルの「旭日旗広告」に批判 作成者は中国人ファン

この日、ミハイロ・ポドリャック・ウクライナ大統領室顧問は「先月24日開戦後、202の学校と34の病院、1500軒余りの家が破壊され、村1000軒余りは電気と飲料水、暖房が切れた」と発表した。

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は前日、ロシアの侵攻でウクライナで亡くなった民間人数が400人を超えたと明らかにした。
(人気記事:なぜ欧州は韓国製ラーメンを販売禁止にするのか? 仏伊に続き独も全量リコール

OHCHRは、戦争が勃発した先月24日午前4時からこの日の0時まで、民間人死亡者は406人、負傷者は801人と集計されたと伝えた。このうち、子供の死亡者は27人に達した。

OHCHRは、正確な被害集計が始まると民間被害規模はさらに増えると予想している。

(参考記事:ロシア軍参謀長がハリコフで射殺…ウクライナ情報局が発表 露軍盗聴ファイルも公開

(参考記事:韓国政府、義勇兵としてウクライナ入国した元韓国軍大尉を刑事告発へ

(参考記事:韓国紙「対露制裁は韓国建設業界に大打撃、88社が1.8兆円規模を受注中」「工事代金もらえない」