ロシア紙「国際大会参加できず、露女子フィギュア選手たち国籍変更か」「仏国籍変更者も」

ウクライナを侵攻したロシアに対する国際スポーツ界の反対運動が広がる中、ロシア選手たちの離脱も現実化している。
(参考記事:ウクライナ国防部「開戦以来、ロシア軍1万2千人死亡」「戦車303台、走行車1,036台を破壊」

8日、ロシアメディア「sports.ru」によると、国際スポーツ界がロシア選手たちの国際大会参加を拒否するや、ロシア選手たちが国籍を放棄して第3国の国籍に変更する動きが起きているという。
(人気記事:韓国文化大臣「北京五輪の中国の韓服演出には抗議できない」「日本には積極的に出れるが…中国は及ぼす影響大きい」

ロシアのフィギュアスケート界で有名指導者として知られるアレクサンドル・ジュリンコーチ(58)は、同メディアとのインタビューで「状況は実に複雑で予測するのが難しい」とし、「フィギュアスケート選手の大挙(国籍)移籍を否定できない状況」と述べた。
(人気記事:韓国五輪代表旗手に中国人の批判殺到「小国の分際で」「泥棒コリア」…身内贔屓判定発言が原因か

ジュリン・コーチはこのような傾向によって世界最強の戦力を誇ったロシアのフィギュアスケート選手たちも他国に移籍するしかないと懸念している。

ロシアのフィギュアスケート選手としては、2022年北京冬季五輪の女子シングル金メダリストに輝いたアンナ・シェルバコワをはじめ、銀メダルのアレクサンドラ・トゥルソワ、メダルは逃したがトップクラスの実力を持つカミラ・ワリエワなど錚々たるメンバーがいる。
(人気記事:米国ショート前代表選手「韓国が強すぎて、韓国人になりたくて、韓国料理だけを食べた」「全てコピー」

彼女らはすでに先月23日、フランスで開幕した世界選手権大会への参加を拒否された。その後も選手として活躍する機会を失う可能性も大きい。

現在、多くの競技団体が国際大会でロシアとベラルーシ選手の参加を拒否している。実際、サイクル種目ロシア国家代表であるパベル・シバコフ(25)は最近、自身の国籍をフランスに変更した。シバコフはロシアとフランスの二重国籍者で、ロシアに対する国際社会の制裁で選手生活に脅かされるようになり、ロシア国家代表を放棄した。

(参考記事:ロシア軍参謀長がハリコフで射殺…ウクライナ情報局が発表 露軍盗聴ファイルも公開

(参考記事:ロ軍がキエフ近郊要衝地の市長を殺害…現地報道 「避難せず市民にパンを配り殺された」

(参考記事:英国紙「露情報機関の文書流出…ウクライナ侵攻は完全失敗」「1943年のドイツ軍と同じ、敗北必至」